1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 安倍晋三(6)

安倍晋三のニュース(ページ 6)一覧

菅義偉官房長官が8月21日、札幌市内で「日本の携帯電話の利用料金には4割程度の値下げ余地がある」と講演してから3カ月、いよいよ具体的な方向性が見えて来た。 12/01 17:34

安倍晋三総理は2025年国際博覧会(万博)の開催地が大阪に決まったことに「たいへん嬉しく思います。 11/26 08:40

政府は東京・埼玉・千葉・神奈川からUIJターンで東京圏以外の道府県に移住し、移住地で地方公共団体がマッチング支援の対象とする中小企業に就業した人に最大100万円(うち国費が50万円)、起業した人に最大300万円(うち国費150万円)を支給し、東京圏からのUIJターン促進と地方の担い手を育成する取り組みを来年度からスタートさせる計画だ。 11/23 15:20

韓国・朴槿恵(パククネ)大統領時代の2015年12月に日韓政府の間で慰安婦問題の最終的不可逆的解決として合意し、日本が10億円を拠出し、これにより韓国政府が元慰安婦被害者や被害者遺族のために取り組むために設立した「和解・癒やし財団」を韓国政府は21日、解散すると発表した。 11/22 08:37

安倍晋三総理は19日の規制改革推進会議に出席し「規制改革こそ、新しい時代を切り拓いていく成長のメインエンジンであり、安倍内閣の成長戦略の中核と言ってもいい」と規制改革推進を強調した。 11/21 14:45

日本の植民地時代に強制徴用された元徴用工の韓国人被害者4人が新日本製鉄(現在の新日鉄住金)に損害賠償を求めていた裁判で、韓国の最高裁判所(大法院)は30日、原告1人あたりに約1000万円を支払うよう命じる判決を下した。 10/31 09:04

安倍晋三総理は22日の未来投資会議で「65歳以上への継続雇用年齢の引上げについては70歳までの就業機会の確保を図り、高齢者の希望・特性に応じて多様な選択肢を許容する方向で検討したい」と70歳まで働ける環境整備を目指す考えを示した。 10/24 09:38

高額商品である不動産業界は、これから先、駆け込み需要に追われることが予想される

10月15日に開かれた臨時閣議において、安倍晋三首相は全世代型の社会保障制度への転換と財政健全化を同時に進行する必要性を訴え、これまで先延ばしにしていた消費税率の引き上げを予定通り、2019年10月1日に施行することを表明した。 10/21 17:34

消費増税にともない自動車取得税廃止に代わり設定された「燃費課税」が、消費増税後の自動車需要落ち込み対策ために先送りとなるか?

安倍晋三首相が10月15日の臨時閣議で2019年10月から実施する消費税率アップの事案について、「消費税率については法律で定められたとおり、2019年10月1日に現行の8%から10%に引き上げる予定だ。 10/21 17:11

安倍晋三総理は16日、ブリュッセルで開催されるASEM(アジア欧州会合)首脳会合(18日~19日)への出席に向け「アジアとヨーロッパの首脳が一堂に会するASEMサミットでは各国の首脳たちと率直な議論をしてきたい」と意気込みを語った。 10/17 22:34

日本経済団体連合会の中西宏明会長は15日、安倍晋三総理が臨時閣議で、法で定められた通り来年10月1日に消費税を10%に引き上げると表明したことに「総理の表明を歓迎する」とのコメントを発表した。 10/17 09:43

安倍晋三総理は15日午後の臨時閣議で、来年10月からの消費税率10%への引き上げについて「法律で定められ通り、来年10月1日に引き上げる」と語った。 10/16 09:13

安倍晋三総理は10日開いた政府与党連絡会議で「政府与党がこれまで以上にしっかり連携し、政治を前に進め、結果を出すことによって国民の負託に応えていきたい」と政府と与党との連携で結果を出して国民の評価を得る考えを強調した。 10/11 09:36

安倍晋三総理は第4次安倍改造内閣発足に伴う記者会見を2日行い、内閣を「この内閣は、それぞれのポジションで腕を磨いてきた実務型の人材を結集した。 10/04 13:06

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ進む

広告