1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 銘柄フラッシュ(6)

銘柄フラッシュのニュース(ページ 6)一覧

11月2日は、ワタベウェディング<4696>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、10月下旬にMBO(経営陣による買収)にかかわる思惑・憶測が出て以降、同意を強める中で、1日に四半期決算説明会の資料を同社ホームペーのIR情報欄にアップし注目が強まったとされてストップ高の15.7%高となり年初来の高値を更新。 11/02 17:06

11月1日は、インフォマート<2492>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、第3四半期の連結営業利益28%増加などが注目されて10時30分頃からストップ高の25.6%高で売買をこなし、戻り高値を大きく更新。 11/01 16:55

10月31日は、スミダコーポレーション<6817>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、30日に発表した第3四半期決算が材料視されて朝方は一時ストップ高の300円高は26.9%高と急伸し大引けも25.5%高。 11/01 07:01

10月30日は、レーザーテック<6920>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、第1四半期の大幅増益などが注目されてストップ高の16.2%高。 10/31 07:07

10月29日は、大京<8840>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、筆頭株主のオリックス<8591>(東1)による完全子会社化をめざすTOB(公開買付)を材料にTOB価格(1株2970円)に向けてストップ高の20.9%高(500円高の2896円)。 10/29 16:57

10月25日は、東証1部2109銘柄のうち、値上がり銘柄数は34銘柄(全体の1.6%)にとどまり、値下がり銘柄数は2072銘柄(同98.2%)に達した。 10/26 07:10

10月24日は、シーズ・ホールディングス<4924>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、米国の医薬品、日用品の大手ジョンソン・アンド・ジョンソンによるTOB(株式公開買付)発表により、TOB価格5900円に向けて急伸し、ストップ高の18.4%高(700円高の4500円)。 10/24 17:07

10月22日は、多木化学<4025>(東1)が東証1部の値上がり率トップとなり、一部で言われていたとされる信用取引規制の予感が実際には「注意喚起」にとどまったため再び動きやすくなったようで、マツタケ近種の完全人工栽培に成功したことなどへの期待が再燃する形になって再びストップ高の19.8%高。 10/22 16:29

10月19日は、FIG<4392>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、経済産業省と国土交通省が無人タクシーの実用化に向けたルール整備に着手すると17日に日本経済新聞が伝えて急動意となったのに続く一段高となり、値幅妙味などが言われて13.5%高。 10/19 17:07

10月17日は、田淵電機<6624>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、事業再生ADRの完遂に向け、ダイヤモンドエレクトリックホールディングス<6699>(東2)のダイヤモンド電機との間で第三者割当増資を含むスポンサー支援に関する契約を締結したと発表し、ストップ高の27.6%高。 10/17 16:48

10月16日は、東証1部の値上がり率1位がNTT都市開発<8933>(東1)となり、NTT(日本電信電話)<9432>(東1)の子会社NTT-SHが1株1680円でTOB(株式公開買付)を行うことが材料視され、朝方から大引け間際までストップ高買い気配の23.2%高(300円高の1594円)に張り付き、大引けで比例配分により売買成立。 10/17 07:14

10月15日は、ネオス<3627>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、12日に発表した2月通期の連結業績見通しの増額修正などが好感されて朝方からストップ高の30.0%高で売買され、後場は大引け直前までストップ高買い気配。 10/16 07:10

10月11日は、技研製作所<6289>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、10日に発表した8月決算と今期の見通しが材料視されて14.6%高。 10/11 16:40

10月10日は、多木化学<4025>(東1)が東証1部の値上がり率トップとなり、引き続き、香りと味はマツタケ以上とも言われる近種の「バカマツタケ」の完全人工栽培に成功したと10月4日付で発表したことが言われて3日連続ストップ高の20.1%高。 10/10 22:01

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ進む

広告

広告