ソニー、モバイル・コミュニケーション部門は販売数減も大幅増益に転じる

2021年4月29日 17:38

印刷

記事提供元:スラド

ソニーが4月28日に発表した2020年度業績によると、スマートフォン販売台数の減少が続く一方でモバイル・コミュニケーション部門は大幅増益となったそうだ(決算説明会資料: PDF補足資料: PDF9to5Googleの記事PhoneArenaの記事)。

スマートフォン販売台数は2019年度から30万台減の290万台。ついに300万台を割り込んだものの、スマートフォン販売台数は2018年度以降半減が続いていたため、減少に歯止めがかかったともいえる。一方、モバイル・コミュニケーション部門の営業利益はオペレーション費用の削減により277億円の黒字となっている。モバイル・コミュニケーション部門が黒字になるのは2016年度(PDF)以来のことであり、211億円の赤字だった2019年度比では488億円増加した。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | ビジネス | Sony | 携帯電話 | お金

 関連ストーリー:
ソニー、可変式望遠レンズを搭載する5Gスマートフォンを発表 2021年04月16日
2020年第4四半期の国内市場携帯電話出荷台数、2台に1台以上がiPhone 2021年02月28日
ソニー、クリエイター向け高性能スマートフォン「Xperia PRO」を発表。税込で約25万円 2021年01月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソニー

関連記事