アステラス製薬は共同開発製剤の米国での「受理」が注目され底堅い

2021年4月20日 09:57

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■日経平均の500円安などに埋没するが持ち直す

 アステラス製薬<4503>(東1)は4月20日、取引開始後の1629.0円(25.5円安)を下値に持ち直し、日経平均の500円安などに埋没しながらも底堅い相場になっている。

 同日朝8時30分、米SeagenInc.(以下「Seagen社」)と共同で開発を進めている抗体-薬物複合体『PADCEV』(エンホルツマブ ベドチン)について、FDA(米食品医薬品局)が2つの生物学的製剤一部変更承認申請を受理と発表し、材料視されている。 「エンホルツマブ ベドチン」は、米国で2019年12月に迅速承認を取得し、『PADCEV』の製品名で販売されている。日本と欧州では21年3月に承認申請した。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】「トリプル・ブルー」となった割安株、個人投資家の参戦余地は?(2021/02/01)
【編集長の視点】京阪神ビルは高値期日一巡を先取り業績上方修正・増配を買い直して反発(2021/03/16)
【小倉正男の経済コラム】米国はコロナ禍で起業ラッシュ、日本は?(2021/02/08)
朝日ラバーは調整一巡、22年3月期収益回復期待(2021/03/30)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告