日産、上海ショーで新型エクストレイル初公開 e-POWERも中国導入へ

2021年3月31日 07:47

小

中

大

印刷

e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)

e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 日産自動車は、4月21日から28日に一般公開が予定される上海モーターショー2021で、新型エクストレイルを中国市場で初公開するとともに、日産独自のパワートレイン技術「e-POWER」の中国導入も発表する。

【こちらも】日産、世界最高レベル熱効率50%実現の新世代「e-POWER」専用エンジン発表

 エクストレイルは、国内でも人気が高いミドルクラスのSUVであり、2000年の登場以来、世界全体で累計626万台の販売台数を記録している。

 日産には、電気自動車のリーフがラインアップにあるが、この技術がe-POWERに使用されていることを知っている人も多いだろう。

 e-POWERは、100%電動モーターで駆動するシステだが、発電は積まれているエンジンが行なう、いわゆるシリーズ方式と呼ばれるハイブリッドだ。この技術は、トヨタ・プリウスなどに積まれるパラレル方式ハイブリッドとは異なる。

 中国では補助金を出してEV普及を目指しており、EV車に積まれるリチウムイオンバッテリーも、「バッテリー模範基準認証」を取得していないバッテリーでなければ補助金が出ないなど、中国国内のローカル企業躍進のために政府が後押ししている。

 この補助金制度の対象は元々、電気自動車とPHEV(プラグインハイブリッド)のみに限定されており、新型エクストレイルはハイブリッド車のため、対象から外れるはずであった。だが中国国内でEV車の普及が思うようにいかなかったことや、新型コロナウイルスの影響などから、2020年にガソリンモデルの低燃費車も優遇するという、政策転換が行なわれた。

 これにより、メルセデスベンツやフォルクスワーゲン、シボレーなどから相次いでハイブリッド車が発売された。トヨタ、ホンダなど日系メーカーも相次いで進出しており、日産も黙って見ているわけにはいかない。

 e-POWERは、100%電動モーターで駆動するシステムのため、力強くレスポンスの良い加速と、スムーズな減速、そして静粛性を実現している。中国で導入が発表されるe-POWERは2代目として全面改良が行なわれており、さらに力強い上質な走りと効率性の向上を実現しているという。(記事:小泉嘉史・記事一覧を見る

関連キーワードSUVハイブリッド車電気自動車中国日産自動車上海モーターショーエクストレイル

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース