トヨタとホンダ、部品不足で北米の自動車工場を一時休止へ

2021年3月18日 17:34

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

トヨタとホンダは17日、北米の自動車などの工場の一部で稼働停止などの措置を実施する。半導体不足の問題だけでなく部品提供を行うサプライチェーンが不安定な状況になっているという。トヨタによれば米国で起きた寒波の影響により石油化学製品の供給不足が起きたことが一因であるようだ(Bloomberg)。

ホンダは米国とカナダの5つの四輪工場で来週中は稼働を停止へ。トヨタに関しては米国ケンタッキー、ウェストバージニアの2工場とメキシコの工場で数日間の稼働停止が行われる可能性があるとしている。 

スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | アメリカ合衆国 | 交通

 関連ストーリー:
豊田章男曰く、Appleは自動車が40年間使い続けられる商品だという覚悟を持って自動車産業に参入してほしい 2021年03月13日
日産と三菱自動車が軽自動車クラスの電気自動車を開発中。200万円以下目指す 2021年03月10日
ジョー・バイデン米大統領、米国のサプライチェーン強化を目指す大統領令に署名 2021年02月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード本田技研工業トヨタ自動車半導体

関連記事