江戸前蕎麦の御三家の1つ、砂場の蕎麦を楽しみに・・

2021年2月25日 17:22

小

中

大

印刷

 昨年10月末に路上で転倒し利き腕(右)の肘頭を骨折したことは、11月9日付けの企業・産業欄の『看護師確保に打たれている施策を垣間見た』と題する拙稿で吐露した。

【こちらも】看護師確保に打たれている施策を垣間見た

 未だ右腕が曲がる角度は105度弱。痛~いリハビリに耐える日々が続いているが、箸で食べ物を口に運べない。フォーク・スプーンでの食事。何か回復までの支えはないものか、「好きな蕎麦を箸で食べたいな」という思いが日を追うことに募った。

 知り合いの脚力のある女性記者に「旨い蕎麦屋を探しておいてくれ」と頼んだ。3日と過ぎないうちに「(東京メトロ:三越前駅近くの)室町砂場は、美味しい。取材に乗じてご馳走になった実感」という連絡が入った。

 蕎麦通?の私は「砂場」が「更科」「藪」と並ぶ、江戸前の3大蕎麦であることは知っている。が「室町砂場」の蕎麦を口にしたことはない。女性記者に電話取材した。以下のようなことを知った。

★「天ざる・天もり」発祥の店。

★5人の蕎麦職人が、店内で打った自家製蕎麦を出している。

★打った蕎麦を、天婦羅を天つゆに浸したまま供する。

★天婦羅は、東京湾でとれた桜エビと青柳の貝柱を使ったかき揚げ。

★天婦羅は100%に近いごま油を使用。実際に食した女性記者の言葉を借りれば、「ゴマの風味とそばつゆの味わいが、同時に口の中に溢れる」とか。

 原稿を書きながら、口の中の唾液を思わず飲み込んでしまった。

★天ざると天もりでは、蕎麦の種類が違う。前者は、喉越しがよく癖のない更科蕎麦が使われる。打つ際につながりづらく、全卵をつなぎにする製法。後者は、全層粉(ぜんそうふん)を使って打った挽きぐるみ粉とやらが使われている。「蕎麦特有の風味が楽しめる」のが特徴とか。

★季節限定の商品も豊富。例えば「あられ蕎麦」。暖かい蕎麦の海苔の上に青柳の貝柱をのせた代物。「いまどきから4月までの限定品。箸が使えるようになるかしら」とからかわれた。「変わり蕎麦」。桜のシーズンに、桜の花びらの塩漬けを混ぜた逸品とか。例えば「蕎麦ぜんざい」。「知っている。多くのそば粉をこねて餅のようにした蕎麦がきを使うやつだろう」としたら、「いいえ。更科蕎麦をあえて蕎麦の形のままの蕎麦がきを使っている」とのご託宣。

 教えて貰うのではなかった、と思ったが既に後の祭り。だが人間なるもの、「苦」と戦わざるを得ないとき踏ん張るための「励み」が不可欠。1日でも早く箸が使えるようになって「室町砂場」に行くことを楽しみに耐えるしかない・・・(記事:千葉明・記事一覧を見る

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース