日本航空、渡航先での陽性時に治療費など補償する「JALコロナカバー」開始

2021年2月5日 08:34

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

日本航空が渡航先で新型コロナウイルスの陽性と判断された場合、治療費を補償するという「JALコロナカバー」を開始したそうだ。国際線の全乗客が対象で、COVID-19の陽性判定時には、医療費と検査費および隔離費用がすべて補償されるとしている。ドイツの保険大手アリアンツグループと提携しており、2021年6月30日までの出発分に関しては航空券を購入すると自動的に補償対象となるとのこと(テレ朝NEWS東京新聞)。 

スラドのコメントを読む | 医療 | 交通

 関連ストーリー:
コロナ渦の影響をモロかぶりした航空業界。休業や廃線、減給・配置転換などが相次ぐ 2020年10月12日
緊急事態宣言下における交通需給 (JALの場合) 2020年05月03日
YS-11、ヤフオクに出品される 2019年09月12日
理系学生による「就職人気ランキング」100社 2018年05月15日
JAL、偽の請求書を信じてしまい振り込め詐欺被害者になる 2017年12月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード日本航空新型コロナウイルス

関連記事

広告