LINE証券、「ランキング通知」提供開始 値動き率高い5銘柄を月最大4回まで

2020年11月29日 17:12

小

中

大

印刷

「ランキング通知」の画面イメージ。(画像: LINE証券株の発表資料より)

「ランキング通知」の画面イメージ。(画像: LINE証券株の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 LINE証券は26日、値動き率が高い5銘柄の値動きランキングを、LINE公式アカウントから通知する「ランキング通知」の提供を開始すると発表した。

【こちらも】LINE FX、「急変動通知設定」でレート変動率と監視時間が自由に設定可能に

 「ランキング通知」は、ユーザーが直近1カ月間でLINE証券に訪れた頻度等に応じて、最大4回まで通知される。値上がりや値下がりといった値動き率が高い5銘柄の銘柄名、価格、騰落率の情報が通知されるという。

 「ランキング通知」で通知された銘柄をクリックすることで取引画面に繋がるため、そのまま取引することもできる。

 LINE証券では、これまでもLINE公式アカウントから決済速報を送信するなど、ユーザーの投資判断をサポートする情報提供を行ってきた。今回「ランキング通知」機能が追加されたことにより、ユーザーが個別で株に関する必要な情報収集をすることなく、実際の売買までをワンストップで行うことができるようになり、利便性が高まることが期待される。今後もユーザーの投資ニーズに対応したサービス拡充をはかる予定だという。

 LINE証券は、2019年8月に運用を開始。約1年後の2020年8月現在での総口座数は31万口座を突破。現在の取扱商品は、1株単位で株取引が可能な「いちかぶ(単元未満株)」、投資信託(つみたて投資も含む)、LINE FX、現物取引、信用取引。

 LINE証券は、証券口座開設も手軽である。公式ホームページによると、最短3分で申し込み完了。最短翌営業日には口座開設が完了するとしている。また入金方法も簡単で、LINE Payや登録している銀行口座からの振込など4種類がある。基本的には振込手数料は無料。

 スマートフォンのLINEアプリから口座開設を行うため、別途アプリケーションをダウンロードする必要がない点もシンプルでわかりやすい。証券口座開設に伴う審査完了の通知などもすべてLINE上で完結するため、自宅に簡易書留など受け取りが必要な書類が届くこともない。(ただし郵送通知の場合はハガキが届く)

 2020年10月現在での主要ソーシャルメディアのユーザー数では、2位のTwitterが4,500万人であるのに対して、約2倍の8,600万人のユーザー数を持ちLINEは1位である。

 このユーザー数から考えると、LINE証券の今後さらなるサービス拡充は、これまで投資活動に興味がなく、金融知識に自信がないユーザーでも気軽に投資をスタートできるきっかけに十分なり得ると推測される。

 年金や老後資金問題に注目が集まる中、投資の情報収集と同時に売買もできるツールを利用するのは、投資をはじめてスタートするための大きな1歩となるだろう。(記事:大野 翠・記事一覧を見る

関連キーワードLINELINE証券

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース