レクサス、LCに70台限定の特別仕様車「AVIATION」 RCにも「Emotional Ash」追加

2020年10月30日 07:56

小

中

大

印刷

レクサス・LC500h特別仕様車「AVIATION」(画像:トヨタ自動車の発表資料りより)

レクサス・LC500h特別仕様車「AVIATION」(画像:トヨタ自動車の発表資料りより)[写真拡大]

写真の拡大

  • レクサス・RC350特別仕様車「Emotional Ash」

 トヨタ自動車の高級ブランドレクサスは28日、クーペ「LC」に特別仕様車「AVIATION」を追加し、2021年1月6日に70台限定で発売すると発表。また、「RC」にも特別仕様車「Emotional Ash」を追加し、同日発売した。

【こちらも】レクサス・UXに特別仕様「アーバンエレガンス」追加、1日より発売

 LCは2017年3月に初代が登場して以来、同社のスポーツカーとして活躍を続けてきた。市販車だけでなく、モータースポーツ「SUPER GT」でも好成績を上げるなど、今も多方面で話題になっている。市販車としてはクーペらしいスピード感だけでなく、レクサスの持ち味であるラグジュアリーな雰囲気も見所。見た目も中身も満足できるスポーツカーとして人気を集めている。

 LC500h・500をベースとした「AVIATION」では、空力技術の強化に注目したい。CFRPリアウイングを採用して高速走行中の安定感を高めている。エアレーサーの室屋義秀選手との技術交流をもとに、航空機の技術を応用したウイングで、車両側面を流れる空気もコントロールする。これによりレスポンスの早さを助けるという。ステアリングやシフトノブはアルカンターラ仕様で、スムーズな質感を味わえる。

 「RC」に追加された「Emotional Ash」は、RC300・300h・350のF SPORTがベース。エクステリアはスピンドルグリルやアルミホイール、ドアミラーなどを光沢のあるブラックでまとめ、ゴージャスに演出。インテリアも自然素材を生かした銀墨本杢を、ステアリングホイールやインストルメントパネルといった主要パーツに採用するなど、高級感を演出。車内外でエレガントかつ威厳のある見た目を味わえるのがポイントだ。

 車両価格は「AVIATION」が1,500万円~1,546万円、「Emotional Ash」は646万9,000円~747万7,000円。「AVIATION」については2020年内の成約により、室谷選手が参加する特別イベントへの招待権利を得られる。進化を続けるレクサスのスポーツカーに注目しよう。

関連キーワードトヨタ自動車レクサス(LEXUS)特別仕様車

関連記事

広告

財経アクセスランキング