佐川急便の飛脚メール便、個人宛の荷物取り扱いを終了へ

2020年6月7日 22:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

やや旧聞だが あるAnonymous Coward 曰く、 佐川急便がポスト投函型の配達サービス「飛脚メール便」のサービス内容を変更し、2020年7月1日(水)出荷分から届け先を企業のみに縮小することとなった(サービス情報ページ)。

かつて郵便局がほぼ独占していたサービスであり、後にクロネコメール便を初めとして多くの民間会社が参入していたのだが、縮小の一途をたどっている。

 サービス内容変更は5月18日に発表されていたもので、個人宛てに送る場合は「飛脚ゆうメール便」が推奨されている(プレスリリース)。飛脚ゆうメール便は佐川急便が差出人となり、郵便局のゆうメールで荷物を送るサービス。ゆうメールは誰でも事前登録なしで利用できるが、飛脚ゆうメール便を利用できるのは企業のみで初期登録も必要となる。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | 日本 | ビジネス | idle

 関連ストーリー:
新型コロナ感染拡大を受け、郵便や宅配で対面を避ける動き 2020年04月10日
佐川急便を騙って偽アプリをインストールさせる攻撃が急増 2018年07月31日
佐川急便が週休3日制を導入へ 2017年06月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード佐川急便

関連記事

広告