マツダ、東京モーターショーに新世代の到来予感させるコンセプトカー出展

2017年10月11日 20:48

小

中

大

印刷

「次世代商品コンセプトモデル」(画像: マツダの発表資料より)

「次世代商品コンセプトモデル」(画像: マツダの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「次世代デザインビジョンモデル」

 マツダは10日、10月25日から11月5日に東京ビッグサイトで開催される第45回東京モーターショーで新世代の商品の先駆けとなるコンセプトモデルと次世代デザインの方向性を形にしたコンセプトモデルの2台を出展することを発表した。

【こちらも】【マツダ・SKYACTIV-X・新エンジンEVを駆逐するか?】SPCCIで燃費3割改善

 気になる次世代コンセプトモデル内容を紹介しよう。新世代商品の先駆けとなるコンセプトモデルは、マツダの次世代の技術とデザインを融合させたコンパクトハッチバックモデル。

 そのコンパクトハッチバックモデルで注目したいのが「SKYACTIV-X」。圧縮着火「Compression Ignition(CI)」を世界で初めて実用化し、搭載した「SKYACTIV-X」はガソリンと空気を混合した気体を圧縮して自己着火させる技術を持ち、ディーゼルエンジンの優れた燃費とトルク、レスポンスにガソリンエンジンの出力、暖房性、排気浄化性を兼ね備えた最高峰のエンジンである。燃費も現行エンジンの「SKYACTIV-G」より30%もアップさせている。

 プラットフォームと呼ばれる車体の基礎部分には「SKYACTIV-Vechicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を採用。歩いたり走ったり、座ったり立ち上がったりなど人間が本来持っている動きを研究した上でバランス感覚や体を保持する力を最大限に発揮させ、運転中に発生するさまざまな衝撃や重力をしなやかに受け止めることが出来る次世代のプラットフォームだ。次世代に向けて最先端の技術を詰め込んだこのコンセプトモデルは期待を集めそうだ。

 もう1つの次世代デザインの方向性を形にしたモデルは、マツダの車に命を与え、命を車に宿したかのようなデザインの「魂動(こどう)デザイン」を更に美しくさせたデザインに。

 今回の2台はマツダの新たな時代の始まりを迎える存在と言ってもおかしくはないだろう。マツダの今後の動きに注目したい。

関連キーワードマツダSKYACTIVコンセプトカー東京モーターショー

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
  • 新しくなったアウディ・A5/S5シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース