安倍首相、北朝鮮への安保理決議を高評価「実効性確保に努める」

2017年8月8日 11:53

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は北朝鮮が7月4日と28日にICBM級の弾道ミサイルを発射したことなどを受け、北朝鮮に対する制裁措置の一層強化を図る「国連安保理決議」(第2371号)が全会一致で採択されたことを受け「高く評価する」とのコメントを6日、発表した。

【こちらも】広島市長、政府は核保有国と非保有国の橋渡しをと

 総理としてのコメントでは「ICBM級弾道ミサイル発射により、北朝鮮が、日本を含む地域及び国際社会全体にとって一層、重大かつ現実の脅威となっていることが明白となった」としたうえで「今回採択された安保理決議第2371号は北朝鮮に対する圧力を一段と高い次元に引き上げなければならないことを国際社会の意思として明確に示したもの」とした。

 安倍総理は実効性をあげるため「国連安保理理事国として、米国、韓国を始めとする関係国と緊密に協力し、中国やロシアとも緊密に連携して、関係国と緊密に協力し、安保理決議の実効性を確保していく」としている。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
日米韓 北に圧力、中国へ働きかけ強化で一致
制裁拡大の安保理決議 着実に履行と安倍総理
ミサイル発射は国際社会への公然たる挑戦と外相
北ミサイル 隠岐諸島から約300キロに落下
テロ等準備罪「条約締結に必要」と総理、強調

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三アメリカ中国韓国北朝鮮弾道ミサイルロシア国連安保理

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース