ホーム > ニュース一覧 > アメリカ(1)

アメリカのニュース

米FDA、コロナワクチン混合接種を承認

米食品医薬品局(FDA)は20日、モデルナ製とジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製のCOVID-19ワクチンのブースター接種を承認したと発表した。
10/27 08:41

段ボール不足、米国で深刻化 ホリデーシーズンを前に

半導体部品の不足がさまざまな製品の供給に影響を与えているが、米国ではホリデーシーズンを前に段ボールなどボール紙の不足も深刻化しているそうだ。
10/26 11:35

相場展望10月25日 中国、不動産税導入で景気後退・世界経済悪影響 日本株は、衆議院総選挙結果次第で揺らぐ可能性

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)10/21、NYダウ▲6ドル安、35,603ドル(日経新聞) ・IBMの7~9月期決算発表は予想を下回ったことが嫌気されて株価は▲10%急落、1銘柄でNYダウを▲90ドル近く下げて、重荷になった。
10/25 10:13

やはり今回も最強だった! 解散総選挙のアノマリーと「原油高」の行方 後編

日本の株式市場における海外投資家の売買動向は、JPX(日本取引所グループ)が公表している投資部門別売買状況にて確認できるが、その公表は毎週第4営業日午後3時となっている。
10/21 16:02

相場展望10月21日 米国株式にとって、長期金利上昇は要注意 外国人投資家に振り回される、日本株

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)10/18、NYダウ▲36ドル安、35,258ドル(日経新聞より抜粋) ・中国の7~9月期実質国内総生産(GDP)が前年同月比+4.9%と、4~6月期+7.9%から減速したのを受け、中国景気の影響を受けやすい銘柄の売りが先行した。
10/21 09:44

月の火山活動は20億年前に終わっていた 米ブラウン大学の研究

これまで人類が月面から持ち帰った石は、アメリカのアポロ計画と旧ソ連のルナ計画によるものだ。
10/20 08:14

米国で測量フィートが廃止へ

米国では今でも単位としてヤード・ポンド法が使われ続けているのはよく知られているが、その長さの単位「フィート」は歴史的な経緯から「測量フィート」と「国際フィート」の2種類が存在している。
10/18 17:37

相場展望10月18日 米国決算発表で今後、下方修正に注目 日本株反発の先に注視

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)10/14、NYダウ+534ドル高、34,912ドル(日経新聞より抜粋) ・市場予想を上回る米主要企業の決算発表が相次ぎ、投資家心理が改善した。
10/18 09:45

GM、「収益倍増計画」発表 工場の5割超をEV生産

欧米中など先進国・主要産業国では新型コロナのワクチン接種普及も進み、経済活動の正常化が徐々に進展しており、ポストコロナに向けた投資が一斉に動き出している。
10/17 18:01

海外に押され気味のEV市場 見直される自動車産業のビジネスモデル

日本の基幹産業として、世界で多くのシェアを獲得し続けてきた自動車産業は今、大きな変革期を迎えている。
10/17 17:51

11月公開のミュージカル映画『ディア・エヴァン・ハンセン』とは?特別映像公開

11月26日(金)に公開予定のミュージカル映画『(原題: DEAR EVAN HANSEN)』から、主演のベン・プラットをはじめとする豪華キャストが本作の魅力を語る特別映像が公開された。
10/16 16:18

新型コロナワクチンの接種義務化を「禁止」へ 米テキサス州知事

先日スラドでもIBMの従業員へのCOVID-19ワクチン接種義務化が話題となったばかりだが、米南部テキサス州のアボット知事は11日、民間企業を含む州内の全組織に対し、ワクチン接種の義務化を禁じる知事令を出した。
10/16 08:39

映画『モーリタニアン 黒塗りの記録』9.11同時多発テロ“衝撃の真実”を暴く法廷サスペンス

映画『モーリタニアン 黒塗りの記録』が、2021年10月29日(金)よりTOHO シネマズ 日比谷ほかにて全国公開。
10/14 11:16

相場展望10月14日 衆議院選挙イベントは、不透明感浮上 世界経済成長下方修正、米国・中国が鈍化牽引

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)10/11、NYダウ▲250ドル安、34,496ドル(日経新聞より抜粋) ・原油など商品相場の上昇を背景に、長期金利の先高観は根強く、持ち高調整の売りが膨らんだ。
10/14 08:36

相場展望10月11日 米国、インフレ懸念で長期金利1.6%台に上昇 岸田首相に望む『日本の国富を高める成長・分配』

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)10/07、NYダウ(日経新聞より抜粋)・債務上限問題への警戒和らぐ。
10/11 09:48

日米同盟の強化を確認 日米首脳が電話会談で

岸田文雄総理は5日、米国・バイデン大統領と約20分程度電話会談したとし、会談では「日米同盟の強化、自由で開かれたインド太平洋の実現に向け共に取り組んでいくことを確認した」と記者団に語った。
10/07 17:37

海洋ドローンでハリケーン内部の撮影に成功 米海洋大気局公開

米国の研究者がカメラ付き海洋ドローンによるハリケーン内部の撮影に世界で初めて成功したそうだ。
10/07 12:03

相場展望10月7日 米国のスタグフレーション懸念は、債務上限問題先送りと原油高騰一服でいったん落ち着くか? 中国経済は、中長期的に減速へ

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)10/04、NYダウ▲323ドル安、34,002ドル ・朝方、米長期金利が上昇する場面があり、PER(株価収益率)が高く、金利上昇時に売られやすい主力ハイテク株が下落を主導した。
10/07 08:58

14日より再上昇? 海外投資家に翻弄される日経平均株価 後編

菅前首相の辞任より急上昇した日経平均株価は、岸田新首相の誕生と共に大きく下落、心理的節目とされている200日移動平均線をもあっさりと割り込み、27,000円という大きな節目へ再び向かおうとしている。
10/06 18:21

14日より再上昇? 海外投資家に翻弄される日経平均株価 前編

9月29日に行われた自民党総裁選の結果として、第100代総理大臣に岸田文雄氏が選出されたが、日経平均株価は前回の記事のとおり、まさに「噂で買って、事実で売る」結果となった。
10/06 11:39

自動車用シートのテイ・エステックから覗き見る、自動車業界のいま

テイ・エステック(東証2部)の今3月期計画に注目した。
10/05 07:11

相場展望10月4日 衆議院選挙は株高イベント、『株高確率は9割』 米懸念材料の米債務上限問題は、そのうち解決へ

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)09/30、NYダウ▲546ドル安、33,843ドル(日経新聞) ・米連邦債務の上限問題や、サプライチェーン(供給網)の混乱、インフレ加速など悪材料がくすぶり、市場心理の重荷となった。
10/04 09:41

携帯可能な「コイルガン」、米国で発売される

旧聞に類する話ではあるが米国でコイルガンが製品化され、市販されているそうだ。
10/02 08:28

 1 2 3 4 5 6  次へ進む