Western Digital、1セルあたり4ビット記録可能なフラッシュメモリ開発

2017年7月28日 21:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米Western Digital(WD)が、1セル当たり4ビットの記録を実現したフラッシュメモリの開発に成功したと発表した。64層の3D NAND「BiCS3」向けの技術で、より高密度なデータ記録が可能となる。2018年中の量産が予定されているとのこと(PC WatchEE Times Japan日刊工業新聞)。

 現在商品化されている製品では1セルあたり最大3ビットの記録が主流だった。この技術を利用することで、性能の劣化無しに1チップあたり768ギガビットの記録を実現できるという。また、東芝がこの技術を利用した1.5TBの記録容量を持つ製品のサンプル出荷を行うそうだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | ハードウェア | ストレージ

 関連ストーリー:
Samsungが半導体売上でIntelを抜き世界一になる可能性 2017年05月31日
東芝、Western Digitalに対し「関係者の締め出し」も選択肢とする強硬な態度を取る 2017年05月11日
Western Digital、東芝の半導体事業分社化に対し契約違反と警告 2017年04月13日
キャッシュとしての利用を想定した3D XPoint採用の「Intel Optane Memory」発表 2017年03月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東芝Western Digital

関連記事

広告

財経アクセスランキング