国会、自・維・生・社民・こころ5党の姿勢

2016年9月25日 20:52

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 衆参で圧倒的多数の与党体制。26日召集の国会では与党ペースで国会審議はどんどん進めていけるのではないか、との見方がある中で、自民党の二階俊博幹事長は25日のNHK番組で「数のうえではそうだろうが、数で押しまくればいいというものではない」ときっぱり。

 二階幹事長は「我々は、懐深く、各党のお話を伺う。各党のご意見と言っても『国民のみなさんの声』だから。真摯に受け止め、きちっとした対応をしていかなければいけない」と真摯に対応すると強調した。

 日本維新の会の馬場伸幸幹事長は「参院選挙の際、何とか法案を提出できる議席を頂きたいとお願いし、その議席を頂いた。法案を提出していくので、民進党の皆さんにも、是非、協力を頂きたい」と民進党にも協力を求めた。

 生活の党の玉城デニー幹事長は「国民の生活が第一との視点から、安倍政権を厳しくチェックしていきたい」と語った。玉城幹事長は「安保法制の問題、また(沖縄県での米軍北部訓練場のヘリパッド建設を巡る)安倍政権の強行姿勢など、国会の中でしっかり論戦し、正していかなければならない」とした。

 社会民主党の又市征治幹事長は「二階幹事長から各党の意見をきき、十分な審議をと発言があった。是非、その点はリーダーシップを発揮いただきたい」と期待した。そのうえで「課題が山積している」とし「格差拡大のアベノミクスの転換、TPP、消費増税延期に伴っての社会保障への影響、労働基準法の改悪問題、南スーダンPKOでの駆けつけ警護問題、福島第一原発事故の処理やもんじゅの問題など、政府の姿勢をしっかり質したい」とした。

 日本のこころを大切にする党の中野正志幹事長は「私たちは安倍政権に対しては是々非々の姿勢で対応する。今、デフレ脱却が至上命題なので、補正予算、そして安全保障政策など賛同しているので、その姿勢で臨む」と語った。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
各党の意見聴き、円満な国会運営目指す 二階氏
民進など4党と参院1会派が国会での連携を確認
安保法制「わかりやすい言葉で説明したい」防相
送電網使用料に廃炉費なら安倍政権の大失策に
8党幹部が出演し討論 25日のNHK番組

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードPKO安全保障アベノミクス増税自民党民進党安保法制二階俊博沖縄県原発TPP(環太平洋経済連携協定)社会民主党南スーダン米軍沖縄・高江ヘリパッド建設北部訓練場又市征治社会保障生活の党選挙福島第一原発労働基準法もんじゅ駆けつけ警護民主党

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース