世界初の自動運転タクシーサービス、シンガポールで開始

2016年8月29日 09:16

印刷

記事提供元:スラド

米スタートアップ企業 nuTonomyは25日、自動運転自動車によるタクシーサービスをシンガポールで開始した(プレスリリース: ZIPファイルThe Straits Timesの記事TODAYの記事The Vergeの記事The Guardianの記事)。

サービスを行うnuTonomyはMITのスピンオフ企業で、ルノー・ZOEと三菱・i-MiEVを改造した自動運転自動車を使用する。公道での自動運転自動車のテストは既にGoogleなどが行っているが、公衆向けのタクシーサービスは世界初となる。

ただし、サービス開始時点で投入されるタクシーは6台のみで、運転席には緊急時にハンドルを操作するドライバーが乗車し、助手席にコンピューターを監視する研究者が乗車する。料金は無料だが、招待者だけがスマートフォンで呼び出して乗車できる。また、運行範囲はシンガポール国立大学に近いビジネスパークone-northエリアのおよそ6.5平方キロメートルで、乗降場所も限定されている。

(続く...)

nuTonomyによれば、招待リクエストには数十名がサインアップしているそうだ。年末までに車両を12台まで増やし、招待者リストも数か月以内に数千人に拡大する計画だという。現在はテスト段階だが、2018年までに完全な自動運転タクシーをシンガポールで走らせることを目標にしているとのことだ。

シンガポールでは米Delphi Automotive Systemsも自動運転タクシーの試験開始を目指しているという。また、Uberも8月中に米国・ピッツバーグで自動運転タクシーを投入する計画を明らかにしている。

なお、日本ではロボットタクシー株式会社が神奈川県藤沢市で2月から3月にかけて公道での実証実験を行っている。この実証実験では自動運転走行が「中央けやき通り」に限られ、その他の道では人間のドライバーが運転していたようだ。 スラドのコメントを読む | ITセクション | モバイル | テクノロジー | ソフトウェア | IT | ロボット | 交通

 関連ストーリー:
スマートフォンで呼び出せる自動運転バス 2016年08月24日
米フォード、運転手が不要な完全自動運転車を2021年までに発売すると発表 2016年08月22日
自動運転自動車のブレーキが故障したら誰を助けるべきかを選ぶゲーム「Moral Machine」 2016年08月17日
DeNAとヤマト運輸、自動運転車を使った物流サービスの実験を来年3月に開始 2016年07月21日
米Teslaの電気自動車、自動走行中の自動車で初となる死亡事故を起こす 2016年07月01日
「事故時に運転者よりも歩行者の命を優先する」自動運転車の是非 2016年07月01日
日本政府、2020年までに自動運転タクシー等の実用化を認める方針 2016年05月24日
LyftとGM、自動運転タクシーの公道走行試験を1年以内に実施する計画 2016年05月11日
自動運転タクシーの実証実験の実施へ 2015年10月02日
自動運転車にも、運転訓練や免許証は必要か? 2015年03月07日
人工知能が人間の雇用に与える影響は? 2014年12月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード雇用ロボット電気自動車EV神奈川県米国自動運転GoogleUberスマートフォンシンガポールスタートアップ

関連記事