ホーム > ニュース一覧 > IT・サイエンス > スタートアップ(1)

スタートアップのニュース

伊藤忠、植物由来食品の新ブランド立ち上げ 都内でフードトラック開始

伊藤忠商事(東京都港区)は28日、プラントベース食品のブランド「wellbeans(ウェルビーンズ)」を立ち上げたと発表した。
07/31 07:49

Gunosy、通期売上高・営業利益ともに計画上振れで着地 KPI改善と広告需要期のニーズの取り込みなどが奏功

竹谷祐哉氏(以下、竹谷):代表取締役社長の竹谷でございます。
07/26 16:24

マイクロアド、通期営業利益は前期比+203%と大幅増を計画 非広告分野へのデータ活用でさらなる躍進へ

山田幸美氏(以下、山田):「〜攻めのIR〜Market Breakthrough」のキャスターを務める山田幸美です。
07/21 16:44

「ヤクルト1000、常に売り切れ」が語る、睡眠市場拡大の現状

6月18日の読売新聞オンラインが、『「ヤクルト1000」ずっと売り切れ、急拡大する「睡眠市場」・・・眠りに悩む人が増えている』と題する記事を配信した。
07/14 11:26

核融合発電システム構成の特殊機器の実証試験設備、京大発スタートアップが建設へ

京都大学発スタートアップの京都フュージョニアリング(東京都千代田区)が、核融合発電の核融合反応を除く工程の実証試験プラントを建設する(ビジネスインサイダー)。
07/12 08:16

アルフレッサHD、2022年3月期決算 新中期経営計画を発表

荒川隆治氏(以下、荒川):みなさま、こんにちは。
07/04 16:55

エアトリ、旅行需要は堅調に回復傾向 上期累計の営業利益14.7億円と実質過去最高を達成

FY22.9期 第2Q「リ・スタート」~FY22.9期 第1・2四半期累計の営業利益 実質過去最高を達成~ 柴田裕亮氏(以下、柴田):株式会社代表取締役社長兼CFO、柴田裕亮でございます。
06/09 16:37

セルムを「凄い企業が現れた」と実感する、その理由

凄い企業が現れたものだ。セルム(東証スタンダード)。売上高1兆円を超える日本の大企業グループの過半と取引関係があるというのである。
06/03 16:28

新千歳と那覇空港での国際線、6月中に再開へ

岸田文雄総理は26日、国際交流会議「アジアの未来」晩さん会で講演し「アジアは世界経済成長のメインエンジンとして、イノベーションのハブとして、世界の課題解決に積極的に貢献していくべきだと考えている」とアピールした。
05/29 20:17

日・ASEAN企業の協業、年100件超目指す

岸田文雄総理は26日の国際交流会議「アジアの未来」晩さん会で講演し「大使館、JETRO(日本貿易振興機構)や、商社、銀行など、官民のネットワークをフル活用したスタートアップのマッチング機会を創出するとともに、ASEAN企業と共同での実証や研究開発を支援することにより、日本企業とASEAN企業の協業を、毎年100件以上生み出していくことを目指す」と数値をあげて語った。
05/29 20:16

くふうカンパニー、通期業績見通しに対し順調に推移 将来の機動的な資本戦略に備え自己株式取得を決議

穐田誉輝氏(以下、穐田):本日は説明会にご参加いただき、誠にありがとうございます。
05/25 07:37

ROBOT PAYMENT、1Q売上高は前期比+26.0%の成長 前年同期末時点の進捗率を上回り推移

清久健也氏(以下、清久):みなさま、こんにちは。
05/19 11:32

リコー、米医療スタートアップの株式取得 mRNA医薬品の製造受託に参入へ

リコーは17日、米医療スタートアップのエリクサジェン・サイエンティフィック(eSci)の株式を過半数取得する契約を締結したと発表した。
05/19 11:23

オリエントコーポレーション、新中計策定 お客さま起点で価値を創造する金融サービスグループを目指す

飯盛徹夫氏(以下、飯盛):本日はご多用のところ、当社の決算説明会にお集まりいただき誠にありがとうございます。
05/17 11:33

川崎重工、ロボット活用したFuture Lab HANEDAをオープン

川崎重工は4月20日、ロボットのオープンイノベーションを目指した「Future Lab HANEDA」を、大規模複合施設「羽田イノベーションシティ」内に開設した。
05/09 18:55

スタートアップ企業の輩出を支援する、DCON(2022)とは!?

「DCON(ディーコン)2022」というコンテストを見る機会を得た。結論から急ぐと、いま「スタートアップ企業に向けた、積極的な種蒔きが不可欠」と指摘されている。
05/05 11:20

日本のIT人材、2025年に45万人不足の予測 投資は米国の50分の1

現代ビジネスの記事によれば、2025年にはIT人材の引退などが相次ぐことにより45万人もの不足が発生する「2025年の崖」が起きる可能性があるという。
05/03 08:46

今年のG.W.は国内旅行復活の兆し 注目の観光都市・福岡の新たな魅力

コロナ禍の影響で落ち込んでいた旅行客が戻りつつあるようだ。
04/29 09:46

スペースマーケット、スペースシェアを広め世の中を面白く 「逃げ恥スペース」などコラボ案件も多数企画

重松大輔氏(以下、重松):スペースマーケット代表取締役社長の重松です。
03/17 17:05

 1 2 3 4 5 6  次へ進む