北のミサイル「訓練段階とみるべきかも」―石破茂氏

2016年8月15日 11:30

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 防衛政策の専門家ともいえる石破茂前地方創生担当大臣が北朝鮮がさきに発射した弾道ミサイルが日本の排他的経済水域に着弾したことに「ノドンとみられており、実験段階のものではない。ある意味、訓練段階に入ったと見るべきなのかも知れない」と警戒レベルをあげ注視する必要を提起している。

 石破氏は「自衛権の行使としての『策源地攻撃』を仮に検討し、将来的に自衛隊が能力を具備したとしても、策源地の探知に相当な困難が予想される。当面はミサイル防衛の精度をさらに向上させること、米国の拡大抑止力について不断の検証を行うこと、国民保護の実効性を高めることが抑止力の維持に不可欠と考える」とブログで発信した。

 石破氏は尖閣諸島を巡る動きにも触れ「中国が日本との全面的な武力衝突を選択する合理性は存在しないが、国内の不満を解消するために尖閣諸島に武装漁民が上陸するような事態が現実性を増すことも全く否定できない」との認識を示している。

そのうえで領土への侵犯行為について「外国勢力がその主体である場合、治安出動などの警察権で対処する以外の方策も考えるべきではないか」と提起し「防衛出動のハードルが高すぎることと併せ、平時の自衛権、グレーゾーン対応法制の制定などは急務」と法整備を求めている。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
非難声明採択できなかったのは反対の国があった
中韓と関係強化、日露平和条約交渉進める 総理
核保有「現時点で検討すべきでない」稲田防衛相
25万隊員と共に我が国と世界平和に貢献
北の弾道ミサイル 日本の排他的経済水域に着弾

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自衛隊中国北朝鮮米国弾道ミサイル尖閣諸島石破茂

関連記事