ホーム > ニュース一覧 > 原子力発電・放射能(4)

原子力発電・放射能のニュース(ページ 4)

東京電力はすべての記録、資料の公開をすべき―菅元総理

東京電力は福島第一原発事故当時のすべての記録、資料を公開すべきだ。
10/14 11:30

原発事故時の屋内退避、政府基準では強風で被ばくのおそれ

原発事故が起こった場合、緊急避難で『屋内退避』する場合、施設の隙間などから放射線が入ってこないようにするため施設内圧力を高めておく必要があるが、政府の与圧基準が『平均風速』を基準にしているため、25年度、26年度に設けられた136施設のうち、約半数の65施設が100パスカル未満で、16施設は20パスカル未満であることが、5日開かれた参院予算委員会での民進党・福山哲郎元内閣官房副長官の質問で明らかになった。
10/06 20:34

金権政治が原発廃止を阻む―菅直人氏

民進党の菅直人元総理が『金権政治』が原発の廃止を阻(はば)んでいると、ブログに自民と財界の癒着傾向を懸念する書き込みを行った。
09/29 16:44

原発の廃炉費用を新電力に求めるのは電力自由化に逆行―河野太郎氏

河野太郎前国務大臣が原発廃炉費用を電力会社だけでなく、新電力にも求め、新電力と契約した消費者に負担をさせようという企てがエネルギー庁で検討されている旨の一部報道を受け、検討する方向なら「安倍政権で進めてきた電力自由化に全く逆行する」と重大問題だとした。
09/19 19:33

東京電力を核物質防護規定違反で『厳重注意』

東京電力が福島第2原発の「警報器を意図的に停止」していた。
09/13 11:11

川内原発の特別点検「定期点検より前に着手する」―九州電力・瓜生社長

九州電力の瓜生道明社長は9日、川内原発1号機、2号機の停止と安全点検・検証を再度求めた鹿児島県の三反園訓知事に対し、原発停止は定期点検の1号機については10月6日から、2号機については12月16日からの停止に変更する考えはない旨を示したうえで、知事が安全確認のために要請した特別点検については、10月6日からの定期点検より前に実施可能なものについては着手すると回答した。
09/10 15:28

川内原発の一時停止を、強く要請―鹿児島県・三反園知事

鹿児島県の三反園訓知事は7日、九州電力の瓜生道明社長を訪ね、川内原発の一時停止と原発周辺の避難道路などの確保支援策を再要請した。
09/08 10:30

川内原発、定期検査時に知事要請特別点検を実施―九州電力

九州電力は5日、鹿児島県の三反園訓知事から熊本地震による川内原発への県民の懸念を踏まえ、1号機、2号機の運転を停止し、点検・検証をとの要請に対し「県民の不安軽減に向けた新たな取り組みを実施したい」と回答し、即時停止ではなく「1号機は10月6日から、2号機は12月16日から定期検査期間に入るので、この期間にあわせ、指摘の項目について特別点検を行い、安全性の再確認をし、点検終了後に結果を速やかに報告する」とした。
09/06 11:49

原発の再稼働、危険で高いのに既得権益のため―菅直人氏

菅直人元総理は1日のブログで「安全で安いと言われた原発が、実際には『危険で高い』ことがこれだけ明らかになってきたにもかかわらず、いまだに原発再稼働を進めようとするのはなぜか」と提起し「電力会社を中心とした『電力モンスターシステム』が既得権益を守るためだ」とメスを入れる必要を提起している。
09/01 21:31

鹿児島県の三反園知事、九電に川内原発停止と点検を要請

鹿児島県の三反園訓知事は26日、九州電力の瓜生道明社長を県庁に呼び、川内原発を一時停止し、点検と検証を行うよう要請した。
08/27 17:08

高浜4号機の核燃料取り出し始まる

関西電力は再稼働の見通しの立っていない福井県の高浜原発3号機と4号機の核燃料を原子炉から取り出すこととし、17日から4号機の核燃料取り出しを始めた。
08/17 18:46

原発推進団体の代表と一時重複 NHK経営委員会・石原氏

NHKの最高意思決定機関である経営委員会の石原進経営委員長が「原子力を活用することが現在最も重要な喫緊の課題」と原発再稼働を推進し「原子力を国民の手に取り戻すという目標の実現に努める」ことを定款に明記する原子力推進派団体「原子力国民会議」の共同代表を7月19日まで努めていたことが分かった。
08/17 18:43

伊方原発3号機の発電開始、事業安定でも意義―四国電力・佐伯勇人社長

四国電力伊方原発3号機での発電が15日午後2時18分スタートした。
08/16 11:01

伊方再稼働、プルサーマル推進でも意義―世耕弘成経産相

愛媛県にある四国電力伊方原発3号機が12日、再稼働したのを受け、世耕弘成経済産業大臣は「原子力規制委員会によって世界最高水準の新規制基準に適合すると認められ、地元の理解を得て、原子炉の起動に至ったことはバランスの取れた電源構成と電力の一層の安定供給の確保に向けた重要な前進」との談話を発表した。
08/13 13:43

伊方原発の再稼働、「厳格な確認を規制委に求めている」―愛媛県・中村時広知事

愛媛県の中村時広知事は12日、四国電力伊方原発3号機が再稼働したことについて、原子力規制委員会に保安検査など厳格な確認を求めているなどとするコメントを発表した。
08/13 13:32

伊方原発の安全性それなりに理解できた―大分県の広瀬知事

四国電力伊方原発から対岸にある大分県の広瀬勝貞知事が7月の記者会見で記者団の質問に「愛媛県知事の説明で伊方原発が10メートルの岩盤の上にあること、最大限の津波(8メートル)を考えても心配はない。
08/12 19:03

類見ないほど危険性高い伊方原発の再稼働に断固抗議―社民・又市氏

四国電力伊方原発3号機〈愛媛県〉が12日再稼働したことに、社民党の又市征治幹事長は「使用済み核燃料を再処理したウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料を使い、プルサーマル発電を行うものであり、世界に類を見ないほど危険性が高い」として「住民の安全をないがしろにしたまま危険な伊方原発の再稼働を強行した、四国電力、政府、原子力規制委員会に対し、断固抗議する」との談話を発表した。
08/12 19:03

伊方原発で大規模事故あれば瀬戸内海全域が長期間汚染―菅直人元首相

菅直人元総理は四国電力伊方原発3号機の再稼働について「伊方原発は佐多岬の瀬戸内海側の付け根にある。
08/12 19:01

伊方原発が再稼働、安全確保最優先に―四国電力・佐伯勇人社長が談話

四国電力は12日午前9時に愛媛県にある伊方原発3号機を再稼働させたと発表した。
08/12 19:00

伊方原発の再稼働直前で原子力規制委に申し入れ

12日にも再稼働が予定されている愛媛県の四国電力伊方原発3号機について、伊方原発をとめる会(松山市)は原子力規制委員会の田中俊一委員長に再稼働を止めさせるよう緊急の申し入れ書を配達証明付き郵便で11日までに送付した。
08/12 00:33

四国電力、伊方原発3号機を12日に再稼働

四国電力は5日、愛媛県にある伊方原発3号機を12日に再稼働させると発表した。
08/06 10:16

原発事故の住民避難責任は行政に、廃炉要請に意味―菅直人元首相

菅直人元総理は原発事故での住民避難責任は自治体にあり、電力会社にはないとして「巨大地震に備えるには原発を止め、燃料棒を原子炉から取り出し、廃炉にしていくことが最良の備えだ」とブログで発信。
07/27 21:33

停止や廃炉、自治体要望は原発政策と矛盾しない―民進・枝野幸男氏

民進党の枝野幸男幹事長は27日の記者会見で、東京都知事候補者の鳥越俊太郎氏が東京から250キロ圏内にある原発の停止や廃炉を働きかける意向を示していることへの受け止めを記者団に聞かれ「発言の前後を含めて詳細を聞いていないのでコメントは避けたい」としたうえで「地方自治体としての要望があったとしてもそれは国全体の原子力政策と矛盾するものではないと思う」と考えを示した。
07/27 21:27

川内原発で政府、鹿児島新知事と意見交換の意向

菅義偉官房長官は20日、鹿児島県知事選で知事に選ばれた三反園訓氏がマスコミ各社の取材に答え、熊本地震の影響などを踏まえ、原発の安全性、避難計画の妥当性を検証するなどをあげ、8月にも九州電力に川内原発の一時停止を要請する考えを示していることに対する、政府としての受け止めを聞かれ「鹿児島県の新しい知事としっかり話をしながら、適切に対応していきたいと思っている」と三反園新知事と意見交換する考えを示した。
07/21 11:38

福島第一原発の廃炉、燃料デブリの取り出しが前提 「石棺はない」―機構

原子力損害賠償・廃炉等支援機構は東京電力福島第一原発の廃炉作業に「機構が、通称『石棺』とよばれる方式を検討している」との報道について、16日までに「事実と異なる」と発表するとともに「誤解と心配をかけたことをお詫びする」とのコメントを発表した。
07/16 21:47

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ進む