ホーム > ニュース一覧 > 太陽電池・太陽光発電(1)

太陽電池・太陽光発電のニュース

国内の温室効果ガス、5年連続で減少 再生可能エネルギーの利用が進む

4月14日に環境省が発表した2018年度の温室効果ガスの総排出量によると、温室効果ガスの総排出量の確報値は二酸化炭素(CO2)換算で12億4千万トン。
04/27 09:00

再生可能エネルギー発電、太陽光は縮小傾向 風力や水力が拡大

再生可能エネルギー発電は2000年代までは年平均5%程度の緩やかな拡大で推移していたがFIT(固定価格買取制度)が導入された13年以降は計画から運用までのリードタイムの短い太陽光発電が年平均30%の勢いで急拡大することとなった。
08/08 09:04

経産省、太陽光電力全量・固定価格買い取り制度の終了を検討

経済産業省が現行の再生可能エネルギー固定買い取り制度を終了させ、新たな制度を作ることを検討しているという。
06/14 21:03

家庭向けの電力固定価格買取制度、期間満了後は価格が大きく下落

日本においては、一般家庭において太陽光発電などで発電された電力を電力会社が政府の定めた価格で買い取る固定価格買取制度が2009年11月より導入されている。
05/27 21:57

「九州電力の出力抑制」太陽光ファンドへの影響は?

九州電力は13日と14日にサービス地域内にある太陽光発電による発電の出力抑制を実施したが、太陽光発電を中心としたインフラ投資を行う日本再生可能エネルギーインフラ投資法人【9823】は14日、その影響を発表した。
10/16 19:19

バイオガス発電計画の凍結、北海道で相次ぐ 太陽光発電と送電容量取り合い

北海道電力の送電線空き容量が不足しており、この影響で北海道十勝地方での家畜ふん尿を利用したバイオガス発電施設の建設計画中断が相次いでいるという。
10/10 23:18

太陽光発電のおかげで夏の電力不足回避 別の問題も

今年は猛暑にも関わらず、深刻な電力不足にはなっていない。
08/15 23:07

中国、太陽光発電設備への支援見直し 太陽光パネルの価格下落となるか

中国の発電量は2011年に世界一となったそうだが、それと共に水力や風力、太陽光発電などの導入も進んでおり、現在では中国の風力発電量は全世界の風力発電量の3分の1以上、太陽光発電設備についても全世界の太陽光発電設備の3分の1以上を占める規模になっているそうだ。
06/22 20:22

米国、セーフガード発動も太陽光発電の導入率がガスや風力を超え堅調

トランプ政権が1月、太陽光パネルへの緊急輸入制限(セーフガード)を発動。
06/19 19:36

京王電鉄、岩手県宮古市で太陽光発電事業 2019年秋に開始

京王電鉄は、同社所有のいずれも岩手県宮古市にある2カ所の土地で、2019年秋に向けて太陽光発電事業を開始する。
06/14 22:09

大阪市立大、CO2を減らしながら太陽光発電するバイオ燃料電池を開発

大阪市立大学人工光合成研究センターの天尾豊教授のグループが、二酸化炭素を削減しながら太陽光で発電するバイオ燃料電池の開発に成功した。
05/04 19:40

世界初の「ソーラー電車」が豪で営業運転を開始 広がる夢と可能性

南半球オーストラリアの最東端に位置する、バイロンベイというリゾートで、太陽光発電の電力だけで運行する電車が、16日に営業を開始した。
12/29 21:05

母校産の電力を買って応援、NTTが日本初「学校応援でんき」サービス実現

株式会社NTTスマイルエナジーは1日、みんな電力株式会社と株式会社柴田工業、高槻市協力のもと、日本で初めての電力サービス「学校応援でんき」を開始すると発表。
11/02 07:09

九州の揚水発電、太陽光発電普及で昼間の余剰電力使ったくみ上げ増加

水力発電の一種に、電力が余っているときにその電力で水を高地にくみ上げ、必要時にその水を放水して水車を回し発電する揚水発電がある。
10/18 15:35

総務省、使用済み太陽光パネル管理で環境省などに勧告

総務省は太陽光パネルの導入が平成24年7月の再生可能エネルギー固定価格買取制度創設以降、拡大し続け、2030年代半ばころから大量に使用済みパネルの排出量が増えることから、パネルの適正な廃棄処分が行われているかどうかの調査結果を踏まえ、8日、環境省や経済産業省にパネルの回収・適正処理・リサイクルシステムの構築について、法整備 も含め検討するよう勧告した。
09/09 10:30

太陽光とディーゼル組み合わせたマイクログリッド発電、インドで実証実験

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、日立製作所、日立システムズ、そして伊藤忠商事は、インドのデリー・ムンバイ産業大動脈開発公社(DMICDC)と共同で、太陽光発電システムとディーゼル発電機を組み合わせたマイクログリッド発電システムの実証実験を開始した。
08/16 08:04

米カリフォルニア、太陽光発電による発電が増えすぎ電力網に負荷

カリフォルニア州は、太陽エネルギーの申し子とも言える存在だ。
07/06 11:13

中国で世界最大という出力40MWの水上設置型太陽光発電施設が完成

中国・安徽省で、世界最大という水上設置型の太陽光発電施設が完成したそうだ(GIGAZINE)。
05/31 12:06

九州全域で照明がちらつく「電圧フリッカ」、太陽光発電設備の普及が原因

九州電力に対し「照明がちらつく」といった問い合わせが相次いでいるそうだ。
05/08 21:10

固定価格買取制度(FIT)改正 家庭の太陽光発電はこれからどうなる?

固定価格買取制度(FIT)の実施方法を規定した法律が改正され、2017年4月1日に施行された。
04/23 13:32

太陽電池パネルを設置する米国の炭鉱博物館

米国・ケンタッキー州ベンハムのケンタッキー炭鉱博物館では、建物で使用する電力の大半を賄うために太陽電池パネルを設置するそうだ。
04/17 07:32

太陽光発電システムを設置した建築物の消火には注意が必要

先週発生したネット通販業者アスクルの倉庫火災は鎮火までに数日がかかる大規模な事故となったが、鎮火に時間がかかった原因には太陽光発電システムが関係しているのではないか、との話が出ている(ITmediaオルタナティブ・ブログ「山岡週報」、Togetterまとめ)。
02/28 08:49

太陽光発電は石炭火力の2倍以上の雇用を米国で生み出している

米国では2016年、太陽光発電産業に従事する労働者数が25%増加し、26万人超となった。
02/14 11:19

日本がトップを走っていた太陽電池事業、海外メーカーの後塵を拝す

太陽光発電・太陽電池の2016年の動向を振り返る前に、ここ数年のメーカー各社のシェア争いを整理したい。
12/30 11:17

太陽電池パネル敷き詰めた世界初の道路がフランスで開通

世界初だという太陽電池パネルを敷き詰めた道路が22日、フランス・ノルマンディー地方の小さな村、トゥルーブル・オー・ペルシュに開通した(プレスリリース:PDF、Ars Technica、Guardian、The Verge)。
12/27 16:45

 1 2 3 4 5 6  次へ進む