1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > 自動車・二輪車・部品
  5.  > スカイライン(1)

スカイラインのニュース一覧

最近人気が出ているネオクラッシックカーと呼ばれるジャンルは、1980年代から1990年代に登場したクルマたちだ。 08/06 19:06

日産「ノート」e-POWER MEDALIST (画像: 日産自動車の発表資料より)

10年程前、トヨタ、ホンダ、日産3社のハイブリッド車レベルに関する筆者の印象は、「ダントツ首位のトヨタ」、「周回遅れの2位ホンダ」、「2位の背中が次第に遠ざかる日産」だった。 07/09 06:59

新型車「日産キックス」の発表(画像: 日産自動車の発表資料より)

今回の「新型日産・キックス e-POWER」のネットによる配信で気になった点は、ジャーナリストの質問の中で「予約販売、予定生産台数」について、真剣に答えていなかったことだ。 06/26 10:26

HKS(エッチ・ケー・エス)とは、自動車のチューニング部品を製造・販売する会社だ。 04/30 12:42

日産自動車、3Qは国内で消費増税や台風の影響により販売減 為替影響や規制対応も減益原因に

2019年度第3四半期(9ヵ月)販売実績 グローバル 内田誠氏:本日はお忙しいなか、当社の2019年度第3四半期決算発表にご参加いただきましてありがとうございます。 04/07 08:51

中古車市場には「25年ルール」があることを知っているだろうか?アメリカ国内での規定なのだが、製造から25年を過ぎた車は旧車という認定を正式に受け、衝突実験などによる安全性能の証明義務を果たさずに販売できるというルールだ。 01/28 11:52

画像は、2019年10月に発売された「FAIRLADY Z 50th ANNIVERSARY オリジナル フレーム切手セット」。(画像: 日産自動車の発表資料より)

日産フェアレディZのフルモデルチェンジが噂されている。 01/28 06:50

新型トヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

また、新型トヨタ・ヤリスの標準車、GR共に、時代の要請であるADAS(先進運転支援システム)も大幅に機能アップしてきており、安全に関する機能装備について、クラスで差別せず(クラスレス)に最新鋭装置を装備してくることは大歓迎である。 01/06 17:31

スカイライン400R(画像: 日産自動車の発表資料より)

2019年に大幅なマイナーチェンジで追加されたスカイライン400R、これは純粋なガソリンエンジン車である。 12/20 21:56

トヨタ・RAV4(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

12月6日、「第40回日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020」の最終選考会が行われて、受賞車が決まった。 12/07 17:28

スカイライン・プロパイロット2.0の帰宅試乗(画像:日産自動車株式会社)

日産自動車では、勤務先から自宅までスカイラインのプロパイロット2.0が体験できる帰宅試乗をはじめた。 11/13 08:33

東京モーターショーと連携してトヨタがMEGA WEB会場で開催するFUTURE EXPOにおいて、新型FCV「MIRAI Concept」を初公開する

「東京モーターショー2019」を10日後に控えて自動車各社の情報が洩れ伝わってきた。 10/14 18:21

画像はイメージです。

やはり、レベル3自動運転の問題点は「人間とのつなぎ」だ。 10/12 13:12

「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)のイメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)

2019年7月にマイナーチェンジされた日産・スカイラインの目玉は、やはり「プロパイロット2.0」だろう。 09/17 11:06

 1 2 3 4 5  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告