日産がセールスなしのディーラー ブランド体験型店舗を展開

2021年3月25日 17:29

印刷

先進技術体験「HELLO NISSAN」(画像: 日産自動車発表資料より)

先進技術体験「HELLO NISSAN」(画像: 日産自動車発表資料より)[写真拡大]

  • 体験のイメージ(画像: 日産自動車発表資料より)
  • 神奈川日産自動車 百合ヶ丘店(画像: 日産自動車発表資料より)

 自動車ディーラーといえば、車を買う場所以外にもセールスの場所というイメージも強く、ただ車を見たいだけでは近寄りがたい人もいるかもしれない。車を見るだけ、機能を体験するなどの用途であれば、トヨタでいえばメガウェブ、日産は日産クロッシングや日産ギャラリーなど、自動車ショールームが一般的である。

【こちらも】日産、「交通安全未来創造ラボ」創設 バーチャル研究で事故削減へ

 ここに日産は手を打ってきた。それが全国の日産ディーラーで体験することができる、先進技術体験プログラム「HELLO NISSAN」だ。日産ディーラーで体験ができるにも関わらずセールスは一切なし。加えて「HELLO NISSAN」の体験をサポートするのは営業マンではなく、日産ブランドクルーと呼ばれるセールスを目的としない専門スタッフだ。

 こういった体験プログラムを行うことで、日産に足を踏み入れたことがない人にも先進技術を知ってもらい、体験してもらおうというプログラムになっている。セールスもないため、気軽に体験できることも非常に大きい点だ。

■体験プログラムは3つ
 「HELLO NISSAN」は3つのプログラムで構成されている。

・電気自動車まるごと体験コース(90分)
 日産LEAFを使用した体験コースで、プログラムは90分。そのうち試乗時間は60分ある。高速道路上での加速や、多くの機能をアシストする自動運転技術を体験できる。

・お好みの1台じっくり体験コース(90分)
 日産で気になる1台を、じっくり時間かけて体験できるコース。こちらも試乗は60分となっており、車両はキックス、ルークス、新型ノート e-POWER、セレナ e-POWERの4車種から選ぶことができる。

・ハンズオフドライブ体験コース(120分)
 プロパイロット2.0を搭載した新型日産スカイラインを使用した体験コース。高速道路上での手放し運転や車線変更などが体験ができる。こちらの試乗時間は90分となっており、ほかのコースよりも多くの体験ができるだろう。

■「HELLO NISSAN」は全国の5店舗で体験可能
 現在実施しているのは、神奈川日産自動車・百合カ丘店(川崎市)、群馬日産自動車・Kit-R太田(太田市)、松本日産自動車・松本店、浜松日産自動車・和田西店、愛知日産自動車・春日井インター店(春日井市)の5店舗。今後も実施店舗は拡充予定となっている。

■「HELLO NISSAN」を体験する方法
 「HELLO NISSAN」を体験するには、専用サイトからの予約が必要となる。予約後に来店、体験後には質疑応答を行う。

 体験後のコメントを見ても、「90分はちょうどよい」、「ウェルカムな雰囲気で快適」、「売りたいよりも知ってもらいたいが好印象」などと好意的な感想が多く寄せられている。この機会に1歩足を踏み出して、先進技術を体験してみるのもいいだろう。(記事:キーパー・記事一覧を見る

関連キーワード

関連記事