自衛隊のニュース(ページ 9)

尖閣で事態エスカレートされる事ないよう対応―稲田朋美防衛相

稲田朋美防衛大臣は中国公船が領海侵入を繰り返すなど緊張する尖閣諸島情勢について「いたずらに事態をエスカレートされることがないよう、冷静な対応を継続しつつ、尖閣諸島を含むわが国固有の領土・領海・領空を断固として守り抜くため、引き続き、警戒監視・情報収集等に万全を期していく」との考えを強調した。
08/09 13:30

防衛白書「駆けつけ警護」などで「隊員に新リスクの可能性」

政府は防衛白書で安保法制に基づく「駆けつけ警護」など「自衛隊の新たな任務により、新たなリスクが生じる可能性はある」と認めたうえで「法律上及び運用上の安全確保の仕組みによって、極小化、局限化し、隊員を派遣する」とコラム欄で説明した。
08/03 20:18

南スーダンPKO活動、砲火にさらされる危険―共産

日本共産党は31日付け機関紙で、南スーダン情勢の悪化で「国連安保理は事態の深刻化に対応するため、攻撃ヘリや無人機などの導入も検討」と伝え「潘基文(パン・ギムン)国連事務総長は参加各国に部隊増強を求める意向を示している。
07/31 19:10

東村長はヘリパッド建設賛成で立候補、当選した―自民・佐藤正久氏

参院外交防衛委員長の佐藤正久元防衛大臣政務官は27日開かれた党国防部会・安全保障調査会合同会議の内容を30日までにブログで紹介した。
07/31 14:41

JICA職員の車に銃撃も、PKO派遣5原則は「崩れたとは思っていない」―菅義偉官房長官

菅義偉官房長官は28日午後の記者会見で、南スーダンの首都・ジュバでJICAの職員が今月8日、防弾車で移動中に銃撃されたとしたうえで、自衛隊のPKO活動派遣の条件は保たれているとした。
07/29 15:51

南スーダン、現地治安が安定に向かうか注視している―菅義偉官房長官

350人の自衛隊員がPKO活動で派遣されている南スーダンの首都・ジュバで「政府軍と元反政府軍との間で散発的に発砲事案が生じており、11日にも複数の発砲事案が発生している」と菅義偉官房長官は12日の記者会見で南スーダンの状況を説明。
07/12 21:37

安保できて後の方が北朝鮮のミサイル開発進んでいる―民進・枝野幸男氏

7月10日投開票で実施される参院選挙で民進党・日本共産党・社会民主党・生活の党の4党は集団的自衛権を容認する部分を含む安保法制について、集団的自衛権容認部分を廃止することを目指した共闘をしている。
07/04 11:36

自民の改憲草案「おぞましい」民進・枝野氏、「あれにこだわっているわけではない」自民・谷垣氏

自民党は憲法のどの部分を改正したいのかをはっきり示すべきだ。
07/04 11:33

軍事費そのものなくす主張したことない―共産

軍事費を『人を殺すための予算』と述べ、共産党の方針と異なる誤った発言をNHK番組で発言した責任をとり、政策委員長が辞任したことも受け、日本共産党は30日の党機関紙「赤旗」で軍事費に対する党の考えを掲載した。
07/01 10:39

自衛隊の人員・装備増強、後方支援での貢献明記―自民・選挙公約

自民党は選挙公約で安保拡充をはかるため「あらゆる事態に切れ目のない対応が可能な態勢の構築」をはかるとともに「日米の新ガイドラインのもと日米同盟を不断に強化し、戦略的防衛協力を推進し、抑止力向上に努める」とした。
06/21 21:26

中国軍艦接続水域航行、安保再考機会に―石破茂・地方創生担当相

防衛の専門家でもある石破茂地方創生担当大臣はロシア艦に続き、中国解放軍軍艦が日本の接続水域に入ったことを機に「もう一度我が国の安全保障法制を考える機会になることを願う」と10日提起した。
06/13 09:59

沖縄基地負担軽減へ 自民議連が防衛相に要請

自民党の防衛施設問題に関する議員連盟は31日、「沖縄基地負担軽減と在日米軍再編の促進」を中谷元防衛大臣に求めた。
06/01 12:46

自民憲法草案「国民の自由と人権を奪う深刻な内容が盛り込まれている」―共産・小池晃氏

日本共産党の小池晃書記局長は3日、憲法記念日にあたり、自民・公明か強行採決し可決成立させた安保法制が施行なったことを踏まえ、安保法制が施行なったことで「日本の自衛隊が戦後初めて外国での戦闘に参加し、『殺し、殺される』危険が差し迫ったものになっている。
05/04 11:44

「現政権は海外派兵へ改憲目指している」―生活・小沢氏

生活の党の小沢一郎代表は憲法記念日の3日、現行憲法について「大日本帝国憲法下で自由や権利が奪われ、戦争という悲劇を生むことになった。
05/04 11:44

有事での災害、自衛隊に頼らない対処に詰め必要―石破茂地方創生担当相

石破茂地方創生担当大臣は最近のブログで、災害時の自衛隊活用について「私なりにもう一度、偵察や物資輸送を基本とする自衛隊の能力活用のあり方を研究してみたいと思っている」と熊本地震での自衛隊の物資輸送能力など点検し、今後に生かしたい考えを綴った。
05/01 19:50

熊本地震被災対策で「補正予算編成する」―安倍晋三首相

安倍晋三総理は24日開いた熊本地震非常災害対策本部会議で「明日(25日)中に激甚災害の指定を閣議決定できるよう、手続を早急に進めるよう」指示するとともに住宅確保や生活再建支援金支給に必要な費用を含め「補正予算を編成する」とした。
04/24 18:52

オスプレイでの輸送、自衛隊能力から必要だった―中谷元・防衛相

中谷元防衛大臣は米軍のオスプレイを使っての輸送支援が、さきの東日本大震災のような広範なエリアでない、今回の被災エリアでなぜ必要だったのかを記者団に聞かれ「自衛隊の使えるヘリは全て投入してやっている。
04/23 22:33

南スーダン「PKO原則失わせる状況ない」―中谷元・防衛相

駆けつけ警護など新たな任務が法的に可能になったPKO活動だが、南スーダンでのPKO活動について、現場で武力紛争は発生していないという考えで良いのかと記者団に聞かれた中谷元防衛大臣は「PKOの原則を失わせるような状況ではない」と答えた。
04/23 22:33

自民、公明が安保法廃止法案の審議拒否 「国民に余りに不誠実だ」民進・山井和則氏

安保法制廃止法案を審議しない方針を自民、公明が確認したことに民進党の山井和則国対委員長代理は30日「対案を示せと言っていたのは安倍晋三総理だ」と厳しく政府・与党の姿勢を非難した。
03/31 11:43

「駆けつけ警護など周到な準備は今日から」安倍晋三首相

集団的自衛権の行使を含む安保法制が29日施行されたことについて、安倍晋三総理は記者団の質問に答え「我が国を取り巻く安全保障環境は厳しさを増している。
03/30 12:41

駆けつけ警護は11月から12月派遣部隊からか

PKO活動で駆けつけ警護を自衛隊の新たな任務するなどを盛り込んだ安保法制が29日施行になるが、菅義偉官房長官は新しい任務の付与について22日、「自衛隊のみなさんが(新しい任務を遂行できるよう)様々な訓練を行ったうえでの任務付与になる」と語った。
03/23 10:40

駆けつけ警護など付与の安保法制 29日に施行

政府は安保法制を29日に施行することを22日の閣議で決めた。
03/23 10:39

安保法制の新任務にも自信もって―安倍晋三首相、防衛大卒業式で

安倍晋三総理は21日の防衛大学校の卒業式で訓示し、安保法制について「望むと望まざるとに関わらず、国際情勢は絶えず変化し、日本を取り巻く安全保障環境は厳しさを増している。
03/22 11:17

駆けつけ警護 10次隊付与「慎重に検討」―中谷元防相

政府は南スーダンPKO活動への自衛隊派遣を10月31日まで8カ月延長することを決めた。
02/10 21:14

南スーダンPKOで自衛隊派遣期間8カ月延長

菅義偉官房長官は9日午前の記者会見で自衛隊の南スーダンPKO派遣期間が2月29日から10月31日まで8カ月延長することを決めたと発表した。
02/09 15:10

前へ戻る   4 5 6 7 8 9 10  次へ進む