防衛装備の海外移転、南スーダンなど1854件

2016年9月1日 21:32

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 経済産業省は防衛装備移転3原則の運用方針に基づき、27年度中に外国為替、外国貿易法に基づく防衛装備の海外移転の許可状況をまとめ、1日までに発表した。経産大臣が行った個別許可件数は自衛隊がPKO活動で派遣されている南スーダンへのもの(10件)も含め、全体で1854件になっていた。

 内訳では、平和貢献・国際協力の積極的な推進に資する場合に該当するものが37件、日本の安全保障に資する場合が1759件、誤送品の返送や返送を前提にした見本品の輸出、海外の政府機関により持ち込まれた装備品の再輸出など、日本の安全保障上の観点から影響が極めて小さいと判断されるものが58件だった。

 平和貢献・国際協力の積極的な推進に資する場合の事例では、中国国内での遺棄化学兵器処理事業実施に伴うものなど、中国向けで20件あった。また日本の安全保障に資するケースでは、国際共同開発・生産に関するもので米国向けに29件、イギリス向けに6件、豪州向けに11件が許可されていた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
だまし討ちの暴走政治 志位委員長が怒りの発信
2等陸佐を国連PKO局「軍事計画課」に派遣へ
25日から駆けつけ警護、基地警備の新任務訓練
稲田防衛大臣は9月国会までに南スーダン訪問を
南スーダン「PKO5原則満たしている」防衛相

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードPKO自衛隊中国米国安全保障イギリス南スーダン経済産業省

関連記事