北朝鮮のミサイル発射、米国韓国と緊密に連携し対応―菅官房長官

2016年9月7日 11:08

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

菅義偉官房長官は6日、北朝鮮が弾道ミサイル発射に成功したと発表していることについて「弾道ミサイルの発射は安保理決議の明白な違反だ」と強く自制を求めた。

 菅官房長官は「核やミサイル開発は日本政府として断じて容認できない」と北朝鮮の挑発行為を批判。そのうえで「引き続き、米国・韓国などと緊密に連携し、北朝鮮に挑発行動の自制、安保理決議、6者(日米韓中露北)協議の遵守を強く求めていきたい」とした。

 また、菅官房長官は「いかなる事態にあっても、国民の生命と平和な暮らしを守ることは政府最大の責務と思っている。自衛隊にも必要な態勢をとらせている」とした。

 また稲田朋美防衛大臣も同日の記者会見で「北朝鮮が同じ地点から3発の弾道ミサイルをわが国の排他的経済水域に同時に、ほぼ同地点に着水させている」とし「ミサイルの技術は向上していると思う」との認識を示したうえで「万全の態勢を持って、このミサイルに対しての防衛に取り組んでいかなければならない」と語った。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
北弾道ミサイル性能 発射毎に向上 稲田防衛相
中露との連携に努力したい 党会合で自民副総裁
北問題で安保理含め緊密な連携を確認 日米首脳
韓国中国首脳会談終了直後に北がノドン発射
北朝鮮が弾道ミサイル3発を発射 続く挑発行為

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自衛隊韓国北朝鮮米国弾道ミサイル稲田朋美菅義偉官房長官排他的経済水域

関連記事