1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 社会
  5.  > 国土地理院(1)

国土地理院のニュース一覧

分析を行った観測データ(2019年台風19号)と学習データ(2018年西日本豪雨水害)。2018年西日本豪雨の被災地(岡山県倉敷市真備町)の浸水域のデータを機械学習し、2019年台風19号の福島県郡山市の浸水域を推定した。(画像: 東北大学の発表資料より)

大規模災害が発生した後の対応として最も重要であり難しい問題は、被害の全容をいち早く把握することである。 07/19 17:37

昨年消失の可能性が話題となっていた北海道の「エサンベ鼻北小島」だが、このたび海上保安庁が消失したことを確認したという。 09/25 18:22

2週間ほど前に、JR長崎本線・浦上駅と現川駅の間にあるトンネルの上で行われていた掘削作業用の機材がトンネルを突き抜けて特急列車に接触する事故が発生して話題になりましたが(過去記事)、事故が発生したのは国土地理院の地図が間違っていたことが原因だったそうです。 07/27 10:17

GPSではGPS衛星信号に含まれる週番号を使って日付を算出するが、この週番号は10ビット(最大値は1023)で管理されており、1024週目には0にリセットされる運用となっている。 02/18 21:47

センチメータ級測位補強サービス(CLAS)概要(図:三菱発表資料より)

三菱電機は26日、準天頂衛星システムからのセンチメートル級測位補強サービスCLAS(Centimeter Level Augmentation Service)信号を用いた自動運転の実証実験を19日から高速道路で開始したと発表した。 09/28 06:14

JESEAは東京農業大学と共同で、同大学の世田谷キャンパス内に地震を観測する電子観測点を設置した。人工衛星からのデータも活用し、正確な地震観測が約1カ月以前から観測が可能となった。

JESEA(地震科学探査機構)と東京農業大学は地震による正確で迅速な予測を行うため、東京農業大学の世田谷キャンパス内に電子観測器を設置した。 09/19 11:30

ドローンつり下げ型電磁探査システムによる航行計測の様子(左図)とセンサー部(右図)(産業技術総合研究所の発表資料より)

産業技術総合研究所は5日、複数社と共同で、土砂災害時にドローンを使用し、空中から埋没車両を探査するシステムを開発したと発表。 06/07 07:17

あなたが住んでいる土地は、昔は海・湖・池などだった? そんな土地の成り立ちが分かる「地形分類」図を、国土地理院が提供している。

あなたが住んでいる土地は、昔は海・湖・池などだった? そんな土地の成り立ちが分かる「地形分類」図を、国土地理院が提供している。 04/14 08:24

岩手県や宮城県などのWebサイトで、地図を著作権者に無断で掲載していたことが明らかになった(毎日新聞、産経新聞、Togetterまとめ)。 04/04 21:31

国土地理院が3月15日、日本の重力値の基準を40年ぶりに更新したと発表した。 03/17 18:33

広告

写真で見るニュース

  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
  • 新型「アウトランダー」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • マツダ・フレアクロスオーバー「HYBRID XT SPECIAL」(画像: マツダ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告