北海道の「エサンベ鼻北小島」が消失

2019年9月25日 18:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 昨年消失の可能性が話題となっていた北海道の「エサンベ鼻北小島」だが、このたび海上保安庁が消失したことを確認したという。島があった付近は浅瀬となっているようだ(毎日新聞日経新聞ハフィントンポスト)。

 場所的にはこのあたりのようだ。国土地理院の地図には明確に島があるが、Googlaマップの航空写真で見ると島のような痕跡があるように見える程度。とはいえ沖合500mという場所なので、なくなっても日本の排他的経済水域や領海への影響はほぼないという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 日本 | 地球

 関連ストーリー:
オーストラリア・ブランブル・ケイ島固有種のネズミが絶滅、温暖化による海面上昇が原因か 2019年02月26日
北海道・猿払村沖の小島が消失した可能性 2018年11月07日
国、48離島を「有人国境離島」として振興や保全を図る方針へ 2017年03月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード北海道海上保安庁排他的経済水域国土地理院

関連記事