1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 飯銅重幸(3)

飯銅重幸のニュース(ページ 3)一覧

今回の研究の概要。(画像: 東京工業大学の発表資料より)

東京工業大学の研究グループは18日、iPS細胞において、遺伝子を安定化し、がん化等を防ぐ仕組みを解明したと発表した。 11/20 20:14

 (a) コンビナトリアル手法によるガドリニウム(Gd)の勾配をつけたサンプルの模式図。(b)コンビナトリアル手法によるサンプルのCNT成長後の写真(画像: 早稲田大学の発表資料より)

早稲田大学等の共同研究グループは8日、これまで使われてきた鉄触媒に微量のガドリニウムを添加することによって、単層カーボンナノチューブをより成長させ長尺化することができる触媒の開発に成功したと発表した。 11/14 17:23

ヒストンアセチル基転移酵素HAG1とHAG3によるリプログラミング誘導の仕組み(画像:理化学研究所の発表資料より)

理化学研究所(理研)らの国際共同研究グループは4日、植物が傷害を受けた場合にその細胞がリプログラミングされる仕組みを分子レベルで解明したと発表した。 11/07 09:21

今回の研究の概要(画像:京都大学報道発表資料より)

京都大学、理化学研究所等の共同研究グループは血中遊離DNAに存在する突然変異を高精度に検出できる手法を開発したと発表した。 10/31 12:35

酸素分子を形成する反応における触媒部分の立体構造の変化。(画像:科学技術振興機構の発表資料より)

18日、科学技術振興機構、岡山大学、理化学研究所等の研究グループは、光合成において酸素分子が発生する仕組み等を解明したと発表した。 10/25 12:03

マイクロ波水熱合成プロセスの特徴(左)と、VO2ナノ粒子の走査型電子顕微鏡写真とVO2ナノ粒子を用いたサーモクロミックフィルムの外観(右)(画像:産業技術総合研究所の発表資料より)

産業技術総合研究所(産総研)は15日、マイクロ波加熱を使い、二酸化バナジウムの機能性ナノ粒子を高速で合成する方法の開発に成功したと発表した。 10/16 17:54

1日、ゲノム編集食品に関する厚生労働省による新しい制度の運用が始まった。 10/08 17:19

今回確立されたソルボサーマル連続フロー型による固溶ナノ合金担持触媒製造装置の概略。(画像:科学技術振興機構報道発表資料より)

京都大学、株式会社フルヤ金属等の研究チームは固溶ナノ合金(2種類以上の金属が原子レベルで混ざり合ったナノサイズの合金)の量産化技術を確立したと発表した。 10/04 18:21

9月10日にカナダ・フランス・ハワイ望遠鏡により撮影されたC/2019 Q4。(c) Canada-France-Hawaii Telescope

9月13日、NASAはオウムアムアに次いで史上2番目の恒星間天体となる可能性がある彗星が発見されたと発表した。 09/16 11:48

早稲田大学、防衛医科大学、奈良県立医科大学の共同研究チームは、人工血液を用いて、大量に出血させたウサギの救命に成功した。 09/13 11:57

今回の研究で示された、ミクログリア活性化とうつ様行動におけるLHジペプチドの抑制効果。(画像: 神戸大学の発表資料より)

神戸大学大学院医学研究科の古屋敷智之教授、北岡志保講師、キリンホールディングスの阿野泰久研究員等の共同研究チームは、納豆、酒粕、青カビチーズ等の発酵食品に豊富に含まれるLHジペプチドに、マウスのうつ様行動を抑制する働きがあることを確認した。 09/10 17:33

大阪大学産業科学研究所の永井健治教授らの研究グループは8月20日、酸性環境下でも蛍光する緑色蛍光タンパク質「Gamillus」の改良版「rsGamillus」の開発に成功したと発表した。 08/26 18:27

水蒸気噴火のイメージ。

2019年8月7日22時08分頃に浅間山で小規模な噴火があり、気象庁は噴火警戒レベルをレベル3(入山規制)に引き上げた。 08/26 11:47

前へ戻る   1 2 3

広告

広告