ホーム > ニュース一覧 > 環境・エコ(6)

環境・エコのニュース(ページ 6)

東京電力、水力発電の電気のみ販売する料金プラン受付開始

東京電力エナジーパートナーが水力発電100%の電気を販売する家庭向け料金プラン「アクアエナジー100」の受付を開始した(家電Watch)。
06/02 19:32

PM2.5吸い込む自転車「Smog Free Bicycle」が計画、走るだけで空気を浄化

中国で、「空気清浄機付き自転車」の開発が進められているそうだ(INTERNET.COM)。
05/31 16:47

中国で世界最大という出力40MWの水上設置型太陽光発電施設が完成

中国・安徽省で、世界最大という水上設置型の太陽光発電施設が完成したそうだ(GIGAZINE)。
05/31 12:06

牛糞を使ったエコ発電、沖縄・熊本で来春から稼働

機械メーカー・テクノシステム社は、牛糞のメタンガスを活用したバイオマス事業に乗り出す。
05/29 19:42

東京ガス、燃料電池の発電効率を65%相当まで高める高効率化技術を開発

燃料電池は、燃料の化学エネルギーを直接電気エネルギーに変換することが可能であり、燃料電池の中でも特に発電効率が高い固体酸化物形燃料電池(SOFC)は、高効率発電技術として注目されている。
05/28 18:45

米国はパリ協定から脱退するのか

米国が地球温暖化対策の国際協定である「パリ協定」から脱退するかどうかについて注目が集まっている。
05/23 11:42

ホンダ、燃料電池車「CLARITY」をタクシーとして運用開始

ホンダが発売する燃料電池車「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」をタクシーとして供用する。
05/20 12:16

「冷房時の室温設定28℃」について見直しが検討される

節電のため、夏場のエアコンの温度設定を28℃にしようという呼びかけがある。
05/15 16:33

P2P型の電力売買プラットフォーム「Brooklyn Microgrid」

米ブルックリンで、電力会社が持つ大規模な送電網を経由するのではなく、近隣の住民や企業どうしが直接発電した電力をやり取りする「Brooklyn Microgrid」なるシステムが運用されている(Techable、greenz、Scientific American)。
05/13 16:00

九州全域で照明がちらつく「電圧フリッカ」、太陽光発電設備の普及が原因

九州電力に対し「照明がちらつく」といった問い合わせが相次いでいるそうだ。
05/08 21:10

三重県沖で海底のメタンハイドレート回収に成功

経済産業省は、4月下旬から、愛知・三重県沖で海底に眠る資源メタンハイドレートの商業生産に向けた実験を行っているが、4日、この実験においてメタンハイドレートを回収し、天然ガスが産出したことを確認したと発表した。
05/05 23:20

トヨタ、元町工場でハイブリッド発電システムの実証を開始

トヨタ自動車は、固体酸化物形燃料電池(以下、燃料電池)とマイクロガスタービンを組み合わせた加圧型複合発電システム(以下、ハイブリッド発電システム)を、愛知県豊田市の元町工場敷地内に設置し、実証運転を始めた。
04/27 06:31

トヨタが燃料電池車の取り組み拡大、大型FCトラックを米カリフォルニアで

トヨタ自動車の北米事業体であるToyota Motor North America, Inc.(TMNA)は、FC(燃料電池)技術の大型商用車への応用可能性を検証するため、この夏から米国カリフォルニア州ロサンゼルス港で、FCシステムを搭載した大型商用トラックの実証実験を開始すると発表した。
04/25 11:23

固定価格買取制度(FIT)改正 家庭の太陽光発電はこれからどうなる?

固定価格買取制度(FIT)の実施方法を規定した法律が改正され、2017年4月1日に施行された。
04/23 13:32

DELL、海洋のプラスチック汚染問題に一石を投じる

海洋プラスチック、という言葉がある。
04/23 06:37

ドイツで燃料電池を使った列車が試験導入される

ドイツで世界初となる、水素を使った燃料電池を動力源とする列車の運行実験が実施された。
04/21 11:30

トヨタ、中国で燃料電池車「MIRAI」の実証実験、水素ステーション建設

トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、今年10月に燃料電池車「MIRAI」2台を導入し、中国各地での実証実験を開始する。
04/19 11:39

太陽電池パネルを設置する米国の炭鉱博物館

米国・ケンタッキー州ベンハムのケンタッキー炭鉱博物館では、建物で使用する電力の大半を賄うために太陽電池パネルを設置するそうだ。
04/17 07:32

EVの急速充電を3分の1に短縮する充電器を公表

電気自動車ユーザーの利便性向上に貢献するために設立されたチャデモ協議会は、急速充電器の規格改定を行い、その新型充電器を公表した。
04/11 21:08

容量がリチウムイオン電池の15倍のリチウム空気電池開発

蓄電池は、電気自動車用電源として、あるいは太陽電池と組み合わせた家庭用分散電源として、今後急速に需要が拡大することが予測される。
04/11 19:01

物質・材料研究機構、カーボンナノチューブ使用のリチウム空気電池開発

物質・材料研究機構が、空気極としてカーボンナノチューブを使ったリチウム空気電池を開発したと発表した。
04/10 21:18

容量は従来の15倍 リチウム空気電池を開発

従来の蓄電池、リチウムイオン電池は、小型で高電圧、長寿命という優れた特性ゆえに広範な領域で活用されているが、蓄電容量を決定付けるエネルギー密度が既に技術的にほぼ限界に達してしまっている、という重大な問題がある。
04/07 08:07

路面からEV車輪内モーターへの走行中ワイヤレス給電に成功

電気自動車(EV)の大きなシステム的限界の一つは、バッテリー重量に対するエネルギー保持量の比率的限界、すなわち、航続距離の短さである。
04/06 08:45

NEDOが再エネ先進ドイツで「大規模ハイブリッド蓄電池システム実証事業」

ドイツは、2050年に国内電力需要の80%以上を再生可能エネルギーに代替していくエネルギー転換政策“Energiewende”を掲げており、風力発電、太陽光発電等の再生可能エネルギーの導入を積極的に進めている。
03/24 09:07

スズキ、燃料電池二輪車「バーグマン フューエルセル」の公道走行開始

スズキは21日、車両型式等認定を受けた燃料電池二輪車「バーグマン フューエルセル」でナンバープレート(車両番号票)を取得し、公道走行を開始すると発表した。
03/21 21:29

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ進む