1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済(5)

経済のニュース(ページ 5)一覧

rss
2024年には1000億円に迫ると予測されるAI主要8市場(画像: アイ・ティ・アールの発表資料より)

調査とコンサルティングを行うアイ・ティ・アール(東京都新宿区 以下、ITR)は17日、国内AI主要8市場の市場規模が2024年度に980億円に達し、1000億円に迫ると予測を発表した。 11/18 08:31

求人サイトを運営する各社が10月のアルバイトやパート時給を発表し、全国的には前年同月比プラスとなったものの、地方を中心に厳しい状況が垣間見られることが分かった。 11/15 17:16

日経新聞の報道によると、NTTが5000億円超の社債を発行する見通しであるという。 11/14 21:09

中国では恒例となっている11月11日「独身の日」のネット通販セールが、2020年も好調だったようだ。 11/14 08:45

東京商工リサーチが1-9月「後継者難」の倒産状況を調査。1-9月の後継者難倒産は278件、前年比54.4%増と急増。背景には代表者の高齢化に加え新型コロナで事業継続意欲が低下したことなどがある。

日本は人類未曾有の少子高齢化社会だ。 11/12 18:19

リスクモンスターが「女性の働き方に関する意識」調査。「昇進したい」と考えている女性は25.2%。女性は「不利だと感じる」45.2%、「感じない」54.8%

総務省の労働力調査によれば女性の就業者数は2019年に3000万人を超え、就業者全体に占める割合は44.5%にまで上昇している。 11/11 08:50

東京商工リサーチが上場企業の早期・希望退職者募集を調査。10月29日までに72社。昨年通年35社の2倍以上と急増

新型コロナ感染症は夏以降、落ち着きを見せている。 11/10 09:48

SMBCフィナンシャルグループでは、子会社のSMBCクラウドサイトの電子契約サービスにより脱ハンコを推進している。 11/09 16:43

京都市やその近郊に本社を置く日本電産、ローム、村田製作所の電子部品「京都3社」は、米中貿易摩擦や新型コロナウイルスの流行で打撃を受けた業績が早くも上向いている

京都市やその近郊に本社を置く日本電産、ローム、村田製作所の電子部品「京都3社」は、米中貿易摩擦や新型コロナウイルスの流行で打撃を受けた業績が早くも上向いている。 11/08 17:34

日本政策金融公庫の調査によると、生活衛生関係の企業で業況判断DIを始め、各種の景気動向数値で底打ちを示しているものの、依然として厳しい状況が続いていることが分かった。 11/07 17:05

東京商工会議所は4日、「テレワークの実施状況に関する緊急アンケート」調査結果を発表した。 11/07 10:29

2018年比での推移。出典:JCB/ナウキャスト「JCB消費NOW」より

10月前半の消費動向指数の調査では、全体の数値は下落傾向であった一方、「旅行」については9月後半から10%以上大幅に回復したことが分かった。 11/06 16:25

(c) 123rf

新型コロナウイルスの感染が世界中で収まらず、経済の回復も遅れている中、震源地だったはずの中国が回復の傾向を見せている。 11/03 08:36

東京商工リサーチは2日、2020年1~9月の「後継者難」倒産が278件にのぼったと発表した。 11/03 08:24

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告