1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済(1)

経済のニュース一覧

rss

東京商工リサーチは18日、中国武漢市から世界に広がった新型コロナウイルス感染症で破たんした国内事業者数が、1週間で30件増え、累計で504件に達したと発表。 09/19 16:23

(c) 123rf

東京大学が「東大債」を10月にも発行するという。 09/17 17:03

リカープロジェクトが「新型コロナウイルスによる営業自粛中のクラブ経営」に関し調査

7月初旬からの新型コロナ感染症の感染者増大は下旬にはピークアウトし、その後感染者の減少傾向は持続しており現在は落ち着きを取り戻したと言える。 09/17 07:33

グローバルインフォメーションが「EV充電用エネルギー貯蔵システムの世界市場」レポートを公表

欧州や中国では2025年までにプラグイン車の生産は1100万台を超える見込みであるのに対して、日本では100万台未満の現状で世界的には日本はxEVの普及で大きく遅れをとっている。 09/16 08:21

日本工作機械工業会が8月の工作機械受注額を公表。受注総額は679億円で前年比76.7%、前月比も97.3%で下降傾向

政府は既に7月、景気動向指標研究会を開催し2018年10月に景気の拡大は終了し、以後景気後退局面に入ったことを認めている。 09/16 08:20

東京商工リサーチが「上場企業1803社の平均年間給与」を調査。2020年3月決算の平均年間給与は630万5000円 、前年より0.2%増加

日本の勤労者給与はかろうじて上昇を続けてきたものの、物価の影響を差し引いた実質賃金ではここ数年マイナスが続いている。 09/15 07:07

富士キメラ総研が半導体デバイスの世界市場を調査。2020年の市場は26兆678億円、前年比14.4%増の見込み

新型コロナウイルス感染症パンデミックに伴い世界中でロックダウンや外出規制がなされ、リモートワークやオンライン授業等の拡大でデータ通信量は増大している。 09/15 07:04

10日、8月分の月次受注が建設大手で相次いで発表された。 09/14 07:04

日本では外務省主導のもとで、企業活動でも、それぞれの業務に沿った形でより具体的に、積極的に取り組まれるようになってきた

「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、2015年9月の国連サミットでSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)、いわゆる「SDGs」が全会一致で採択されてから5年。 09/13 16:53

東京商工リサーチは11日、中国から世界へ広まった新型コロナウイルス感染症により破たんした国内事業者数が1週間で20件増え、累計で454件に達したと発表。 09/12 08:46

東京商工リサーチが主要百貨店の業績調査を発表し、増収企業は70社中10社、その中でも上位20社ではわずか2社に留まるなど、新型コロナウィルスの本格化する前でも厳しい状況に陥っていたことが分かった。 09/11 07:37

トヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

2020年8月の国内新車販売台数において、軽四輪車が前年同月比11.8%減となり、7月の同1.1%減からさらに落ち込んでしまった。 09/10 16:59

富士キメラ総研が「2020、自動運転・AIカー市場の将来展望」を発表。

2020年代は自動運転のレベル2(部分的自動運転)車両の普及が予測されており、40年代にはレベル2車両が自動運転車両の主流になると見込まれている。 09/10 08:41

帝国データバンクが「新型コロナウイルス感染症に対する企業の意識調査(8月)」を公表。

新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言の解除以降、徐々に様々な規制が解除され制度的には日本の経済活動は元の状態で稼働し始めている。 09/09 08:22

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告