1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済(8)

経済のニュース(ページ 8)一覧

rss
ウィンキャリアがコロナ禍による売上減に伴い工賃が激減した障がい者へのサポートを行うためクラウドファンディングによる珈琲のオリジナルブランド「andcoffee」を立ち上げ。

新型コロナウイルス感染症の影響は福祉作業所にも及んでいる。 06/18 06:56

パーソル総合研究所が緊急事態宣言解除後のテレワークの実態について調査

新型コロナ感染症対策としての外出自粛要請によってテレワークが普及した。 06/16 17:26

キャッシュレス決済サービスを手がけるSquareが、同社の決済サービスを利用する事業者(Square加盟店)のデータから集計したキャッシュレス決済の利用状況分析を公表した。 06/15 17:38

過日、北の達人コーポレーション(北の達人)の創業者社長:木下勝寿氏と電話取材の機会を得た。 06/15 16:50

ポスタスが緊急事態宣言解除後の飲食店売上動向についてPOSデータを基に集計。3月は前年比68%、緊急事態宣言発令後は4月23%、下旬16%まで悪化

新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言発令による爆発的感染の抑止の効果については今後検証されるべきものであるが、実績として爆発的感染と顕著な医療崩壊は回避されたことだけは事実だ。 06/14 16:54

様々な企業や団体が、コロナ禍に立ち向かうためのメッセージを発信しているが、いずれも前向きで心強いものばかりだ

コロナ禍で様々な人や企業がさまざまな形でメッセージを発信している。 06/14 16:51

東京商工リサーチは12日、中国発・新型コロナウイルス感染症で経営破たんした国内事業者数が244件に達したと発表。 06/13 19:52

経済産業省によると、4月分の広告業界の売り上げが激減したそうだ。 06/13 13:31

東京商工リサーチと帝国データバンクが新型コロナウイルスを原因とした企業破綻や、上場企業の業績修正について発表し、企業破綻が相変わらず多い一方、業績の下方修正の発表件数は落ち着きつつあることが分かった。 06/12 07:24

東京商工リサーチが5月の「パチンコホール」倒産状況を調査

警視庁が3月に公表した「令和元年における風俗営業等の現状と風俗関係事犯の取締り状況等について」によれば、2019年末のパチンコ許可営業所数は前年比421店減の9639店となっており1万店を割った。 06/11 06:39

帝国データバンクがTDB景気動向調査5月分を公表。5月の景気DIは前月比0.6ポイント減の25.2、8カ月連続の悪化。急激な収縮に歯止めがかかった

東京商工リサーチの調査によれば、新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が発令された4月の倒産件数は743件で前年同月比15.2%と二桁の増加となっている。 06/10 07:33

eヘルスケアが「新型肺炎についてのアンケート」を実施。収束時期は「2~3年かかるのではないか」との回答が約3割。医療機関の経営にも深刻な影響

新型コロナウイルス感染症対策の目的とは医療崩壊を回避することである。 06/10 07:27

新型コロナウイルス感染症拡大による企業の業績悪化が懸念される中、帝国データバンクは9日、新型コロナウイルス感染症の影響に対する企業の意識調査結果を公表。 06/10 06:51

帝国データバンクが「理容業」と「美容業」の倒産について分析。19年度の倒産件数は180件(前年度比9.1%増)。理美容業者の倒産、過去最多

新型コロナウイルス感染症対策の為の休業要請等の法的根拠は新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく。 06/09 07:44

前へ戻る   3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13  次へ進む

広告

広告