19日の中国本土市場概況:上海総合0.01%安で続落、上海50Aは0.5%上昇

2021年7月19日 16:54

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:54JST 19日の中国本土市場概況:上海総合0.01%安で続落、上海50Aは0.5%上昇
週明け19日の中国本土市場は、主要指標の上海総合指数が前営業日比0.18ポイント(0.01%)安の3539.12ポイントと小幅ながら続落した(上海A株指数は0.09ポイント安の3709.40ポイント)。


投資家心理がやや悪化する流れ。世界的な新型コロナウイルス感染再拡大が不安視されたほか、米中関係の悪化も警戒された。バイデン米政権は16日、香港国家安全維持法(国安法)が香港で事業展開する外国企業に悪影響を及ぼすと警告。それに対し中国外交部の報道官は、「内政干渉だ」と反発した上で、「中国は必要な対抗措置をとる」などと米国をけん制した。もっとも、大きく売り込む動きはみられない。中国人民銀行(中央銀行)の緩和スタンスに対する期待感は続いている。人民銀は先週、市中銀行の預金準備率を引き下げた。市場では、景気腰折れを回避するため、もう一段の引き下げがあるとの見方も流れている。また、あす20日に公表される事実上の貸出基準金利「ローンプライムレート(LPR)」について、一部から引き下げの可能性が指摘された。上海市場の代表銘柄で構成される「上海50A株指数」は0.5%高とプラス圏で取引を終えている。(亜州リサーチ編集部)


業種別では、不動産の下げが目立つ。上海陸家嘴金融貿易区開発(600663/SH)が9.7%安、保利地産(600048/SH)が3.0%安、格力地産(600185/SH)が2.8%安で引けた。


鉄鋼やセメントなど素材株の一角もさえない。重慶鋼鉄(601005/SH)が3.3%、宝山鋼鉄(600019/SH)と安徽海螺セメント(600585/SH)がそろって1.5%ずつ下落した。ハイテク株、エネルギー株、公益株なども売られている。


半面、医薬品株は高い。北京同仁堂(600085/SH)が8.5%、ショウ州片仔コウ薬業(600436/SH)が7.9%、薬明康徳(603259/SH)が1.7%ずつ上昇した。ショウ州片仔コウ薬業は上場来高値を更新する。食品飲料株と金融株の一角、運輸株も買われた。


一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が4.32ポイント(1.63%)安の261.17ポイント、深センB株指数が11.18ポイント(0.91%)安の1216.24ポイントで終了した。

亜州リサーチ(株)《FA》

関連記事