OPECプラスの協議難航、さらなる原油高か

2021年7月5日 16:44

印刷

●OPECプラスの協議が難航

 石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟産油国で構成するOPECプラスによる、8月以降の協調減産の協議が難航している。

【こちらも】木材価格下落は過剰流動性相場終了の象徴か

 主要メンバーであるアラブ首長国連邦(UAE)が合意に反対したことで暗礁に乗り上げた。

 協議の難航が伝わると、WTI原油先物価格は7月1日、2018年10月以来の1バレル=75ドルまで上昇した。

 サウジアラビアが合意を呼びかけているが、合意への道筋は不透明となっており、先送りが続けばさらなる原油高も予想される。

●鍵を握るUAE

 ロイター通信によると、UAEは8月以降の減産規模の縮小には同意しているが、協調減産そのものを2022年4月以降も継続すべきという決定については、別の会合に先送りすることを示唆している。

 OPECプラスは、8月から12月まで日量200万バレルを減産し、さらに減産期間を2022年末まで延長するという提案をしていた。

 UAEからすると、2018年基準の減産枠を不服としており、他国よりも減産比率が高くなっていると主張している。

 一方でサウジアラビアは、減産の成果を強調し、自主減産で犠牲を払ってきたことも主張している。UAEとサウジアラビアの溝は深く、解決の糸口が見えない。

●原油高はさらに続くのか?

 新型コロナウイルスの影響で行動制限が続く国もあるが、米国のように完全な経済再開に向かっている国が多く、米国の原油在庫は減少していることも明白となっている。

 一方で、米国ではインフレへの懸念も強まっており、当然原油高の上昇も注視されている。

 減産の合意だけでなく、新大統領が就任にしたイランと、同じく新政権が誕生したイスラエルとの緊張状態がどうなるかも、原油価格にとっては大きな材料となる。

 需要が回復に向かう一方で、供給側に問題があれば原油高の材料となる。供給の逼迫は、さらなる原油高につながることも避けられない。

 OPECプラスでの合意が出来なければ、厳しい減産がさらに続くことになり、供給が逼迫からさらなる原油高になる可能性もある。5日から始まる協議の再開には注目が集まっている。

 世界的な緩和バブルにも出口が見えてきており、投機マネーの動きも影響を与えそうで、原油価格は予断を許さない状況となっている。(記事:森泰隆・記事一覧を見る

関連キーワードロシアサウジアラビア原油アラブ首長国連邦イスラエルイラン新型コロナウイルス

関連記事