ぴあ、コロナワクチン予約システムを自治体に提供すると発表

2021年5月15日 17:11

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

チケット販売会社の「ぴあ」がCOVID-19ワクチンの接種予約システムを自治体向けに提供する方針を発表した。これまで「チケットぴあ」が手がけてきた、大規模イベントのチケッティング業務を受託してきたノウハウを生かすことができると判断したとしている(ぴあリリース[PDF]日経新聞Impress Watch)。

同社が提供予定としている「新型コロナワクチン接種予約受付・抽選サービス」では、接種日や接種会場、施術時間帯などの個別予約受付と、抽選が可能となるシステムをひとまとめにして提供する。特徴としては、数十万件規模のアクセスに耐えうる環境を有していること、公平な抽選システムを持っていること、同一人物の重複申し込みを防ぐ機能を持っていることなどを上げている。

現在、各地方自治体で行われている接種予約では、電話回線の逼迫各種トラブルなどが起きている。また12日午前には、米セールスフォース・ドットコムのサービスが障害を起こしたことにより、12日午前6時8分から午前11時20分までワクチン予約システムが利用できない事態が発生している(読売新聞産経新聞)。また東京と大阪で高齢者を対象に行われる大規模接種では、17日から予約手続きを受け付けることになっているが、電話回線は使われず、ネットとLINEのみで行うことが発表されているが、二重予約への対応ができないなどの問題も指摘されている(NHK)。 

スラドのコメントを読む | ビジネス | 日本 | 医療 | 政府

 関連ストーリー:
政府、ワクチン予約システムを全国共通化へ。二重予約を防止できない問題も発生 2021年05月13日
ワクチン接種予約で混乱、10日からは着信制限へ。徹夜覚悟の高齢者が殺到する地域も 2021年05月11日
都内NTT固定電話への着信を制限へ。接種予約で通信量増加か 2021年05月07日
政府ワクチン配布スケジュールを発表。まずは全国約3600万人の高齢者から接種へ 2021年02月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードぴあ

関連記事

広告