ロジザードは年初来高値圏、21年6月期大幅増収増益予想

2021年4月20日 09:20

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 ロジザード<4391>(東マ)は、EC通販を行っているメーカー・流通業向けにクラウド型の倉庫・店舗在庫管理システムを提供している。21年6月期は新規アカウントの積み上げ(導入企業数の増加)で大幅増収増益予想としている。クラウドサービスが伸長して通期予想に上振れ余地がありそうだ。さらにEC通販市場拡大の流れも背景として収益拡大を期待したい。株価は水準を切り上げて年初来高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。

■クラウド型倉庫・店舗在庫管理システム

 物流・在庫にフォーカスしたクラウドサービスを展開し、主にEC通販を行っているメーカー・流通業や3PL企業向けに、クラウド型の倉庫在庫管理システム「ロジザードZERO」、店舗在庫管理システム「ロジザードZERO―STORE」、およびO2O支援システム「ロジザードOCE」を提供している。21年6月期第2四半期末時点のアカウント数は20年6月期末比90増加の1334となった。

■21年6月期大幅増収増益予想

 21年6月期の連結業績予想(2月12日に上方修正)は、売上高が20年6月期比11.8%増の17億17百万円、営業利益が29.2%増の3億23百万円、経常利益が29.1%増の3億22百万円、親会社株主帰属当期純利益が28.5%増の2億19百万円としている。新規アカウントの積み上げ(導入企業数の増加)で大幅増収増益予想としている。

 第2四半期累計は、売上高が前年同期比5.3%増の8億24百万円、営業利益が33.8%増の1億53百万円だった。開発・導入サービスは新型コロナウイルスの影響による案件後倒しで17.9%減収だが、アカウント数の増加で主力のクラウドサービスが11.1%増収と伸長した。

 修正後の通期予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高が48.0%、営業利益が47.4%である。クラウドサービスの伸長や販管費の抑制で通期予想に上振れ余地がありそうだ。さらにEC通販市場拡大の流れも背景として収益拡大を期待したい。

■株価は年初来高値圏

 株価は水準を切り上げて年初来高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。4月19日の終値は2701円、時価総額は約88億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】「トリプル・ブルー」となった割安株、個人投資家の参戦余地は?(2021/02/01)
【編集長の視点】京阪神ビルは高値期日一巡を先取り業績上方修正・増配を買い直して反発(2021/03/16)
【小倉正男の経済コラム】米国はコロナ禍で起業ラッシュ、日本は?(2021/02/08)
朝日ラバーは調整一巡、22年3月期収益回復期待(2021/03/30)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 小惑星ベンヌ (c) NASA
  • ©2020 HOKUSAI MOVIE
  • アルファード 特別仕様車 S“TYPE GOLD II”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 光イオンを発生させ車内の空気清浄するAirReborn(画像:ガイダンスインターナショナル発表資料より)
  • 新型VEZEL(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 新型アウディA3シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース