パイオニア、地図事業のインクリメント・ピーを投資ファンドに売却

2021年3月12日 08:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

以前から話は出ていたが、パイオニアは10日、地図事業を行う子会社インクリメント・ピーを投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループに売却すると発表した。ポラリス・キャピタル・グループの運営する特別目的会社PIPホールディングスに売却すると発表した(リリース[PDF]日経新聞Car Watch)。

PIPホールディングスは買収後に商号を「インクリメント・ピー株式会社」に変更するとしている。日経新聞によれば売却額は300億円程度とみられる。パイオニアは同日にオンライン説明会を開催し、今後同社はカーナビなどではなくソリューションサービス事業を中心に展開していくとしている。また独立したインクリメント・ピーとは、今後も地図データの開発・提供でパイオニアと協業する方針。

あるAnonymous Coward 曰く、  https://srad.jp/story/20/10/01/2336202/

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | ビジネス | アナウンス | お金

 関連ストーリー:
パイオニア、「USB端子に挿すだけで音質を向上させる」デバイス新モデルを発表 2020年11月19日
パイオニア、インクリメント・ピーを売却か? 2020年10月03日
都内最大のレーザーディスク保有数を誇る町田市図書館、LDコーナー廃止へ 2019年12月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード買収パイオニア

関連記事

広告