シャープ、液晶パネル製造会社である堺ディスプレイプロダクトを売却

2021年3月2日 08:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

シャープが25日、堺市にある液晶パネル製造会社「堺ディスプレイプロダクト」(SDP)の株式を3月15日に売却すると発表した。価格競争がSDPはシャープが2009年にに、4300億円を投じて世界最大の液晶パネル工場として設立した。しかしリーマンショックの時期と重なったこともあり、同社の経営不振の一因ともなっていた。最近でも中国系企業の大規模工場稼働などにより、SDPは19年度まで2年連続で赤字が続いていたという(シャープリリース[PDF]日経新聞時事ドットコムNHK)。

シャープは多額の投資が必要となるSDPを切り離すことで、業績の安定が期待できる。売却先と譲渡額は「守秘義務があり開示しない」として非公表となっている。SDPからパネルの調達に関しては今後とも続けていくとしている。 

スラドのコメントを読む | ビジネス

 関連ストーリー:
往年のポケコン復活のため液晶パネルを個人で発注 2021年02月03日
家庭用蓄電池の設置件数が急増中 2021年01月08日
シャープ、青果用に冷えすぎず12℃を維持し続ける保冷剤を開発。液晶の技術を応用 2020年08月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードシャープ

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース