AMBITIONの子会社が新築投資用デザイナーズマンション『PREMIUM CUBE駒込』の販売を開始

2020年10月3日 08:24

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

AMBITION<3300>(東マ)の子会社で、新築投資用デザイナーズマンションの開発を手掛けるヴェリタス・インベストメントは、『PREMIUM CUBE駒込』(東京都豊島区、竣工予定日:2020年11月中旬、入居予定日:2020年11月下旬)の販売を開始した。

AMBITION<3300>(東マ)の子会社で、新築投資用デザイナーズマンションの開発を手掛けるヴェリタス・インベストメントは、『PREMIUM CUBE駒込』(東京都豊島区、竣工予定日:2020年11月中旬、入居予定日:2020年11月下旬)の販売を開始した。[写真拡大]

写真の拡大

  • 都市生活のニーズに対応し、安全・安心への配慮として「ハンズフリーキーシステム」を採用。持っているだけでオートロックドアを解除できる「Tebra」非接触キーをカバンなどに入れておくだけで、オートロックドアに近づくと自動で開錠する。鍵を取り出したり、かざすことなく入館できるので、荷物の多い時にも便利。

 AMBITION<3300>(東マ)の子会社で、新築投資用デザイナーズマンションの開発を手掛けるヴェリタス・インベストメントは、『PREMIUM CUBE駒込』(東京都豊島区、竣工予定日:2020年11月中旬、入居予定日:2020年11月下旬)の販売を開始した。

 ヴェリタス・インベストメントの『PREMIUM CUBE』シリーズは、都内プレミアムエリアを中心に、そのデザイン性やロケーションの良さが好評で、常に早期完売している。

 『PREMIUM CUBE駒込』は、JR山手線「駒込」駅より徒歩3分という好立地に位置している。「旧山の手」と呼ばれる邸宅地として多くの財界人、文化人が居を構えてきた「駒込」エリアは、「六義園」や「旧古河庭園」など緑あふれる豊潤な環境を受け継ぎながら、生活利便性にも富んだ都心の住拠点として魅力あふれる街並みを形成している。

 都市生活のニーズに対応し、安全・安心への配慮として「ハンズフリーキーシステム」を採用。持っているだけでオートロックドアを解除できる「Tebra」非接触キーをカバンなどに入れておくだけで、オートロックドアに近づくと自動で開錠する。鍵を取り出したり、かざすことなく入館できるので、荷物の多い時にも便利。

 同物件は、前回発表物件同様、ヴェリタスの開発物件として投資家に販売するとともに、AMBITIONが一括してサブリース転貸し、入居者募集を行うことにより、グループ全体で投資家の収益に貢献できるよう邁進していくとしている。 (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】第2、第3のテレワーク関連株に注目、仮想デスクトップ・テレビ会議関連など(2020/02/03)
【株式評論家の視点】昭栄薬品はオレオケミカルの専門商社、自社株買い実施に光通信が保有(2020/01/09)
【株式評論家の視点】北の達人コーポは「刺す化粧品-ディープパッチシリーズ」が大ヒット、700円割れが下値として意識(2020/01/16)
【ブロックチェーン・STO関連銘柄特集】新たな金融サービスの広がりに期待(2019/12/11)
【株式評論家の視点】プレナスは通期業績予想を据え置き、配当利回り3%(2020/01/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告