ダイソン、開発中止となったEVのプロトタイプを公開

2020年5月22日 08:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 2017年、サイクロン方式の掃除機で知られる家電メーカーのDysonが電気自動車の開発を行うと発表した(過去記事)。最終的に同社は電気自動車の開発を断念したのだが、このたびそのプロトタイプが一部メディアに披露されたようだ(Engadget日本版Digital TrendsSlashdot)。

 この車両は「N526」と名付けられており、7人乗りで重量は2.6トン。最高速度は時速125マイル(約201km)で、4.8秒で停止状態から時速60マイル(約97km)までの加速が可能だという。一回の充電での航続距離は600マイル(約966km)ほどで、これはTeslaの電気自動車を大幅に上回るという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | ビジネス | 電力 | 交通

 関連ストーリー:
ダイソン、電気自動車に参入 2017年09月28日
日産リーフの「急速充電し放題」サービス終了に対し批判の声 2020年05月08日
シャープ、特許侵害を理由にテスラモーターズジャパンを提訴 2020年03月24日
ソニー、電気自動車のコンセプトカーを公開 2020年01月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード電気自動車ダイソン

広告