プジョー、Bセグのコンパクト「208」の特別仕様車「208 Allure Fun Edition」発売

2019年5月25日 16:41

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

プジョー・ジャポン、本年度の最量販車種として位置づけたコンパクト「208」の特別仕様車「208 Allure Fun Edition」、239.0万円で発売

プジョー・ジャポン、本年度の最量販車種として位置づけたコンパクト「208」の特別仕様車「208 Allure Fun Edition」、239.0万円で発売[写真拡大]

写真の拡大

 プジョー・シトロエン・ジャポンは5月23日、プジョーブランドのコンパクトカー「208」の特別仕様車として「208 Allure Fun Edition」の発売を発表した。

 208は、プジョーのBセグメント・コンパクトレンジを担う重要なモデルで、現在もプジョーブランドの国内販売比率の約17%を占める人気車種だ。今回投入する特別仕様車208 Allure Fun Editionは、そんな208の持つ魅力である“運転のしやすさ”と“運転の楽しさ”をさらに充実させ強調したモデルとなる。

 ボディサイズは全長×全幅×全高3975×1740×1470mm、ホイールベース2540mm。リヤオーバーハングは切り詰められ、4つの195/55R16タイヤがボディの四隅で踏ん張った安定感のあるプロポーションが特徴だ。

 洗練され、かつキュートなスタイリングには、“運転の楽しさ”を提供するパンチのある1.2リッター3気筒ターボ「Pure Tech」エンジンを搭載。このユニットは最高出力110ps(81kW)/5500rpm、最大トルク20.9kg.m(205Nm)/1500rpmを発揮し、1160kgの軽量ボディの208に、6速オートマチックトランスミッションを組み合わせてキビキビした走行感をもたらす。

 またプジョー車として208賀初採用した“運転のしやすさ”につながるi-Cockpit、安全運転支援システム「アクティブシティブレーキ」「ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)」「バックアイカメラ」などに加え、特別装備としてフロントソナー、パークアシストなどを追加した。

 この208 Allure Fun Editionを本年度2019年における208の販売における中心モデルとして位置づけている。価格は239.0万円。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
プジョー、Euro 6.2に対応した新型パワーユニット搭載のSUV「3008」「5008」導入
独OPEL、ブランド初のPHEVの旗艦SUV「Grandland X Hybrid4」発表
DSオートモビル、BセグのラグジュアリーSUV「DS 3クロスバック」先行展示

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード特別仕様車プジョーシトロエン

関連記事

広告

財経アクセスランキング