豚骨ラーメンの一風堂、フィリピンに6・7号店を出店

2018年7月20日 07:59

印刷

(画像:力の源ホールディングス発表資料より)

(画像:力の源ホールディングス発表資料より)[写真拡大]

 豚骨ラーメン店「一風堂」を運営する力の源ホールディングスは、7月15日にフィリピン6号店、そして7月17日にフィリピン7号店をオープンした。

【こちらも】ローソンが中国安徽省に出店 日系コンビニでは初進出

 実際に出店を行ったのは、シンガポールに本社を置く力の源ホールディングスの傘下企業、CHIKARANOMOTO GLOBAL HOLDINGS PTE. LTD.である。同社が、現地のライセンスパートナーであるStandard Hospitality Group Co.,Ltd. 傘下のIPPUDO PHILIPPINES INC.(本社:フィリピン)と共に、6号店「Philippines Vertis North店」と、7号店「Philippines Rockwell店」をオープンした。

 Philippines Rockwell店は、メトロ・マニラの南東部に位置するマカティ市に出店された。マカティ市は高層タワーやオフィスビルが立ち並び、海外企業が多く拠点を置くエリアである。食文化についても国際色の豊かな土地柄で、日本人の駐在員も多い。よって客層ターゲットとしては、モールの利用者や、ビジネスマン、近隣居住者が見込まれている。

 料理は、看板メニューのとんこつラーメン「白丸元味」「赤丸新味」「一風堂からか麺」は当然のこととして、その他創作和食の「海鮮お好み焼き」などの一品料理、「抹茶クリームブリュレ」などのデザートメニューも用意されている。

 モダンかつ日本らしさをあしらった店内には、ウィスキーなどを楽しめるバースペースも用意されているという。

 なお、オープン初日には先着200名にラーメンを無料で振る舞うなどのオープニングセレモニーが実施された。一風堂は今後、フィリピンの他にもシンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、ミャンマーなど東南アジア諸国にさらなる出店を続けていきたいという。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードフィリピンラーメン一風堂

関連記事