シャープ、車載用プラズマクラスターイオン発生機に新型 スマホ充電も可能

2017年11月20日 21:45

小

中

大

印刷

車載用プラズマクラスターイオン発生機 カップホルダータイプ(写真: シャープの発表資料より)

車載用プラズマクラスターイオン発生機 カップホルダータイプ(写真: シャープの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 車載用プラズマクラスターイオン発生機 カーエアコン取付タイプ

 シャープは20日、車載用プラズマクラスターイオン発生機2タイプを2018年1月18日に発売すると発表した。取り付けタイプは2段階、カップホルダータイプでは3段階の風量に加えて花粉・ホコリ捕集機能を持つ。また、両機種ともにUSBカーアダプターを同梱している。価格はオープン。

【こちらも】シャープ、ウォーターオーブン「ヘルシオ」にレンジ機能追加 過熱水蒸気で調理

■両機種共にUSBカーアダプター搭載

 取り付けタイプ「IG-KC1」及びカップホルダータイプ「IG-KC15」は、車のエンジンに連動している。エンジンを再び動かした場合は、最後に使用した運転モードで再開する。いずれもプラズマクラスターイオンによる消臭・保湿機能を搭載。

 さらに、2ポートのUSBカーアダプターを同梱。本体を使用しながらスマートフォンの充電も可能だ。

■女性がターゲットの取り付けタイプ 風量は2段階

 カップホルダーが少ない場合、シャープは「IG-KC1」の使用を推奨している。クリップタイプなので、カーエアコンに取り付けるだけですぐに使用できる。適合条件は、エアコンルーバーの厚みと間隔がそれぞれ5mm以上、奥行きが10mm以上だ。風量は「強」「弱」の2段階で、「強」運転にするとプラズマクラスターイオンによる保湿効果を発揮する。

 3色のカラーバリエーションで女性に訴求。ピンク・ブラウン・オレンジの3色で、それぞれフランボワーズ・チョコレート・マーマレードを意識している。また、付属のUSBケーブル経由でパソコンと接続すれば、デスクトップ上でのフェイスケアにも役立つ。

■より清潔な空間を保つカップホルダータイプ

 「IG-KC15」の風量は、「ターボ」「標準」「弱」の3段階。2倍の消臭スピードを誇るターボは、強い臭いの除去や短時間での消臭に向いている。約20分のターボ運転を行ったあとは、自動的に標準運転に切り替わる。細かいホコリや花粉を捕集するフィルターも搭載。

 吹き出しの角度切り替えは2段階。標準運転時は23dBという低騒音設計も施されている。(記事:さくらい・記事一覧を見る

関連キーワードシャープチョコレート花粉症

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
  • 星間物質で満たされたオリオン座の大星雲M42の内部 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース