ソフトバンクの純利益が1兆円を超える

2017年5月11日 21:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ソフトバンクが5月10日、2017年3月期の連結決算を発表、純利益が初めて1兆円を超えたことが明らかになった(日経新聞ブルームバーグプレスリリース)。

 国内の通信事業は増収増益だったほか、ヤフー事業も売上高が30.9%増と好調。子会社の米Sprintの損益改善、スマートフォン向けゲーム開発を手がけるSupercellの売却なども寄与したという。

 ソフトバンクの孫社長によると、純利益が1兆円を超えた日本企業は今までトヨタ自動車だけだったという。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス | お金

 関連ストーリー:
ソフトバンク、データ通信の通信制限条件を緩和 2017年05月10日
初代iPhone発表から10周年を迎える 2017年01月11日
鴻海精密工業、ソフトバンクとともに米国での投資と雇用を進める? 2016年12月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタソフトバンク

関連記事

広告