アウディ、コンパクトセダン「A3シリーズ」に超ホットなRSモデル追加

2017年3月30日 08:09

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

A3シリーズに加わった「RS3」、専用のシングルフレームグリルやバンパー、19インチホイール、拡大したトレッドとフレアフェンダー、大胆なディフューザーなどにより、ひと目で通常のAudi A3 Sedanと見分けがつく。価格は785万円だ

A3シリーズに加わった「RS3」、専用のシングルフレームグリルやバンパー、19インチホイール、拡大したトレッドとフレアフェンダー、大胆なディフューザーなどにより、ひと目で通常のAudi A3 Sedanと見分けがつく。価格は785万円だ[写真拡大]

写真の拡大

 アウディ・ジャパンは、新型アウディTT RSの発売に合わせて、TT RSに搭載する直列5気筒ターボエンジンと同じ2.5 TFSIとクワトロフルタイム4WDシステムを採用したコンパクトセダンの本格スポーツモデル「Audi RS 3 Sedan」の発売を決定し、受注を開始した。「Audi RS 3 Sedan」の希望小売価格(消費税込み)は785万円で、発売は7月上旬開始予定だ。

 Audi RS 3 Sedanは、昨年9月のパリ国際モーターショーでワールドプレミアし、アウディA3セダンのラインアップに加わる初のRSシリーズモデルだ。Audi A3シリーズのなか超ホットモデルであり、コンパクトセグメントのなかで世界最速の1台に数えられるクルマとなろう。

 294kW(400ps)の最高出力を発揮する2.5リッター TFSIエンジンは、市販モデルに搭載される5気筒ユニットとしては世界でもっともパワフルであり、同時に、480Nmの最大トルクを1700~5850rpmの幅広い回転域で発生する柔軟性も兼ね備える。そのエンジンをフロントに横置きしたAudi RS 3 Sedanは、クワトロシステムによる絶大なトラクションによって、0-100km/h加速4.1秒を達成する快速セダンだ。

 エンジンはアルミ合金製のクランクケースを採用し、単体重量を従来型から26kgのダイエットに成功し、吸排気系の見直しで出力性能だけでなく、燃費効率も改善している。ちなみに欧州ドライビングサイクル(NEDC)で100km走行あたりの燃料消費をわずか8.3リッターに抑えられている。日本式の表記では12.0km/リッターと燃費効率でも優れたスポーツモデルに仕上がった。

 搭載エンジンの強大なパワーは、クイックでスムーズなギヤチェンジと高い伝達効率を誇る7速Sトロニックと組み合わされ、クワトロフルタイム4WDシステムに伝達され、電子油圧制御のマルチプレートクラッチの働きによってバリアブルに前後のホイールに振り分けられます。

 ホイールセレクティブトルクコントロールなどのインテリジェントな電子機構により、走行安定性と運転する歓びの高度な融合図られている。

 その一方、アウディプレセンスやアクティブレーンアシスト、サイドアシスト、トラフィックジャムアシスト、リヤクロストラフィックアシストなど、アウディが開発した最新のアシスタンスシステムをフルレンジで標準搭載するなど、安全対策や快適性の面でも、時代をリードするコンパクトカーの1台だ。

 外観は専用のシングルフレームグリルやバンパー、19インチホイール、拡大したトレッドとフレアフェンダー、大胆なディフューザーなどにより、ひと目で通常のAudi A3 Sedanと見分けがつく。全長×全幅×全高は4479×1802×1399mm、ホイールベースは2631mmだ。

 インテリアも、ブラックレザーにダイヤモンドパターンのステッチとRSロゴを配した専用のシートなどにより、スポーティでエクスクルーシブな雰囲気が伝わってくる。

 また、フルデジタル式インストルメントのアウディ・バーチャルコックピットに加えて、MMIナビゲーション、バング&オルフセンのサウンドシステムといったハイエンドのインフォテイメントシステムを標準装備している。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
Audi TTのトップモデルAudi TT RS Coupe/TT RS Roadsterをフルモデルチェンジ
トヨタとNTT、「コネクテッドカー」向けICT基盤の研究開発に関して協業
「ジュネーブ・モーターショー」で、新型「Audi RS3 Sportback」を発表
理解し難い、トランプ米大統領が「日本の自動車市場は閉鎖的だ」と吠える理由(わけ)
AUDI、2016年をもってWECから撤退、その理由と18年間の参戦の意味

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード欧州燃費Audi

関連記事

広告

財経アクセスランキング