GMジャパン、新型キャデラックの日本導入を発表 軽量なプレステージセダン

2015年4月1日 15:23

小

中

大

印刷

ゼネラルモーターズ・ジャパンが日本市場に導入するキャデラックCT6 (ゼネラルモーターズ・ジャパンの発表資料より)

ゼネラルモーターズ・ジャパンが日本市場に導入するキャデラックCT6 (ゼネラルモーターズ・ジャパンの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • ゼネラルモーターズ・ジャパンが日本市場に導入するキャデラックCT6 (ゼネラルモーターズ・ジャパンの発表資料より)

 ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は1日、米国・ニューヨークのブルックリンで発表したフルサイズ・プレステージセダン新型「キャデラックCT6」を日本市場においても導入すると発表した。

 新型「キャデラックCT6」の車格は、ドイツの競合BMW 7シーズと同等だが、BMW 5、6シリーズやメルセデス・ベンツEクラスよりも軽くなっている。このため、新型「キャデラックCT6」は、ドライバーズカーとしての俊敏性かつ軽快感を兼ね備えたフルサイズ・プレステージセダンである。

 なお、日本市場への新型「キャデラックCT6」の導入時期やスペックなどの詳細については、後日、発表するとしている。

関連キーワード米国General Motors(GM)キャデラック

関連記事