1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済指標・統計(5)

経済指標・統計のニュース(ページ 5)一覧

rss
車載・産業機器分野で注目される不揮発性メモリEEPROM。半導体のロームが、書き込み時間を30%削減する、業界最速の高速書き込みを実現する新シリーズを発表した

不揮発性メモリの市場が拡大している。 01/24 17:50

東京商工リサーチは22日、新型コロナウイルス禍が主因で経営破たんした国内事業者数が、先週から24件増え累計で907件(負債1,000万円以上)に達したと発表。 01/24 08:04

日本百貨店協会と日本ショッピングセンター協会が12月の売上を発表し、イエナカ消費などで食料品が堅調だったものの、全体としてマイナス基調が続いていることが分かった。 01/23 09:11

矢野経済研究所がスマート農業に関する調査。2019年度の市場規模は180億700万円、20年度は203億2800万円の見込み

日本の農業生産性は低いと長らく指摘されてきた。 01/21 09:10

矢野経済研究所が業種・職種別人材ビジネス市場を調査。2019年度の市場は前年度比7.2%増。新型コロナの影響で20年度はマイナス成長の見込

新型コロナ感染症の影響で経済が停滞し続けている。 01/20 09:19

富士経済が健康志向食品の国内市場調査。2020年の市場は1兆4999億円、前年比0.9%増

新型コロナウイルス感染症の広がりが経済活動に大きな影響を与えている。 01/19 09:14

富士キメラ総研が自動車部品の世界市場調査。2020年の市場は27兆6820億円、前年比21.3%減の見込み

新型コロナの世界的な感染拡大が続いている。 01/19 09:11

求人サイトを運営する各社が2020年12月度のアルバイト時給動向を発表し、リクルートやマイナビ調査で過去最高時給を更新したことが分かった。 01/17 19:14

東京商工リサーチは15日、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け破たんした国内事業者数が、前週から17件増え累計で883件(負債1,000万円以上)に達したと発表。 01/16 20:51

BIGLOBEが「2020年に関する意識調査」。「節約志向」、「どちらかといえば」があわせて80.3%

新型コロナの自粛ムードも長期化しており、これが消費活動に与える影響も多大なものがある。 01/14 09:30

倒産件数の推移(画像: 帝国データバンクの発表資料より)

2020年の倒産集計が発表され、倒産件数は7,809件と2000年以降で2番目の低水準となったことが分かった。 01/14 08:42

東京商工リサーチは8日、新型コロナ感染症の影響で経営破たんした国内事業者数が、累計で866件(負債1,000万円以上)に達したと発表。 01/09 17:41

帝国データバンクの調査によると、2020年の飲食業倒産件数が過去最高を更新し、その多くを小規模な事業者が占めていることが分かった。 01/07 16:22

高島屋、三越伊勢丹ホールディングスなど大手百貨店4社の2020年12月売り上げが、前年同期に比べて10%以上も落ち込んだことが4日、各社のまとめで分かった。 01/05 16:28

帝国データバンクが「景気見通しに対する企業の意識調査」。2021年の見通しは、「回復」を見込む企業は13.8%、「踊り場」28.7%、「悪化」32.4%

新型コロナ感染症の影響で経済の停滞が続いている。 01/04 09:27

帝国データバンクの調査によると、アパレルと外食ともに11月の売上は不振の企業が多かったことが分かった。 01/01 08:46

東京商工リサーチは25日、新型コロナウイルス感染症が原因で経営破たんした国内事業者数が、先週から28件増え、累計で832件に達したと発表。 12/26 14:35

業種別の雇用調整助成金申請・計上社数(画像:東京商工リサーチ調査資料より)

東京商工リサーチは25日、特例措置が開始された4月から11月までの8カ月間で、雇用調整助成金の計上・申請を行った上場企業が599社にのぼると発表。 12/26 10:07

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告