ホーム > ニュース一覧 > 外交・国際関係(17)

外交・国際関係のニュース(ページ 17)

6者会合の日米の首席代表が北朝鮮問題で意見交換

日・米・韓・中・露・北朝鮮の6者会合の日米の首席代表が11日、北朝鮮問題で意見交換した。
09/12 10:32

北朝鮮に具体的措置で強いメッセージ送る―日米首脳一致

北朝鮮の核実験を受け、安倍晋三総理は米国のオバマ大統領と電話会談を9日午後行い「国際社会が北朝鮮の行動を断固非難し、具体的な措置を通じ、これ以上いかなる挑発行動も容認しないとの強いメッセージを送ることが必要」と伝えた。
09/11 15:30

日韓の防衛当局、北対応で「緊密な協力で一致」

稲田防衛大臣は10日、韓国の韓民求(ハン・ミング)国防部長官と電話会談し、稲田大臣は「北朝鮮の核実験への対応に関し、日米韓情報共有取決めの活用などを含め、日韓・日米韓で緊密に協力・連携していくことが重要である」旨を伝えた。
09/11 15:28

【コラム】急がれる日韓「軍事情報包括保護協定」の締結

北朝鮮が5回目の「核実験」を北朝鮮建国記念日(9月9日)に実施した。
09/10 15:35

北に厳重に抗議、最も強い言葉で非難 政府

菅義偉官房長官は9日午後の記者会見で、北朝鮮の核実験による放射性物質による日本への影響について「地下核実験に伴う放射性物質の我が国に対する影響については、一般的に地下核実験の場合、大気中に放射性物質が放出される可能性は少ないといわれており、過去4回の北朝鮮による核実験実施発表後に日本で異常値は検出されていなかった」と語り「国民の皆様におかれましては、冷静に平常どおりの生活を送っていただきたい」と呼びかけた。
09/09 20:36

安倍首相、北朝鮮の核実験に声明―国連安保理に具体的行動を強く求める

安倍晋三総理は9日、北朝鮮が今年に入って2回目、通算5回となる核実験を実施したことに「国連安保理決議に明白に違反するもので、核兵器不拡散条約を中心とした国際的な軍縮・不拡散体制に対する重大な挑戦だ」と抗議と最大の非難を込めた「総理声明」を発出した。
09/09 20:34

北朝鮮、建国記念日に合わせ「核実験」の可能性

「韓国政府筋は北朝鮮が建国記念日に合わせ、9日午前、5回目の核実験をした可能性が高いと明らかにした」と聯合ニュースが報じた。
09/09 16:20

南シナ海、東シナ海の動き懸念―安倍晋三首相

安倍晋三総理は日本・ASEAN首脳会議で中国の南シナ海・東シナ海での動きを念頭に「一方的な現状変更の試みの継続を深刻に懸念している」と語った。
09/09 15:11

朴大統領と日韓新時代築いていきたい―安倍晋三首相

外務省は8日、安倍晋三総理と韓国朴槿恵大統領との首脳会談内容について、安倍総理が冒頭に「昨年末の合意以降、日韓関係が前向きに進展していることは大変喜ばしい」とし「朴大統領と共に未来志向の協力を進め、『日韓新時代』を築いていきたい、また5日の北朝鮮による弾道ミサイル発射は許しがたい暴挙であり、国連安保理を含め、日韓で緊密に連携していきたい旨を述べた」と発表した。
09/08 22:28

韓国とGSOMIA「早期締結望ましい」防衛相

稲田朋美防衛大臣は7日、記者団から北朝鮮の相次ぐ弾道ミサイル発射を受け、韓国とのGSOMIA(軍事情報包括保護協定=ジーソミア=国家間で軍事上の機密情報を提供し合うとともに、漏えいを防ぐ)締結が必要と思われるが、と聞かれ「早期に締結することが望ましい」と答えた。
09/08 15:25

地域や国際問題での協力強化を確認―日韓首脳

安倍晋三総理は7日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領と約30分にわたり会談。
09/08 10:32

ミャンマーとは基本的価値観を共有―安倍晋三首相

安倍晋三総理はミャンマー連邦共和国のアウン・サン・スー・チー国家最高顧問と会談し、ミャンマーの経済発展、国民和解の実現に向けた国家最高顧問の尽力を全面的に支援すると伝えるとともに「ミャンマーは自由、民主主義、基本的人権、法の支配といった基本的な価値観を日本と共有する地域のパートナーだ」とし、両国関係を発展させたい旨を示し、最高顧問の訪日を期待するとした。
09/08 10:27

日本の経済代表団の訪中を歓迎する―習国家主席

安倍晋三総理は5日の中国の習近平国家主席との首脳会談で「日本産食品の輸入規制の早期撤廃と日本産精米の輸出促進に関する事務レベルの協議を推進したい。
09/07 11:13

安倍総理 TPP協定批准へ強い意欲示す

安倍晋三総理は内外記者会見で、TPPについて、「成長戦略のカギであり、停滞させてはならない。
09/07 11:13

日中首脳会談で率直な意見交換「極めて良かった」―菅官房長官

菅義偉官房長官は6日の記者会見で、日中首脳会談で、安倍晋三総理、習近平国家主席がそれぞれ東シナ海、南シナ海の問題についても「率直に意見交換したことは極めて良かった」と首脳会談の内容を評価した。
09/07 11:11

北朝鮮のミサイル発射、米国韓国と緊密に連携し対応―菅官房長官

菅義偉官房長官は6日、北朝鮮が弾道ミサイル発射に成功したと発表していることについて「弾道ミサイルの発射は安保理決議の明白な違反だ」と強く自制を求めた。
09/07 11:08

中露との連携に努力したい―自民党会合で高村正彦副総裁

自民党の二階俊博幹事長は6日の党役員連絡会後の記者会見で、党役員連絡会では「高村正彦副総裁から北朝鮮のミサイル発射が行われた。
09/07 11:03

日中首脳、海空連絡メカニズムの協議加速で一致

安倍晋三総理と中国の習近平国家主席との日中首脳会談が5日、35分間にわたり行われた。
09/06 12:15

北問題で安保理含め緊密な連携を確認 日米首脳

安倍晋三総理は5日、G20サミット出席のため中国・杭州を訪問中の米国・オバマ大統領と立ち話し、オバマ大統領に対して「北朝鮮が3発の弾道ミサイルを発射し、我が国の排他的経済水域(EEZ)に着弾したことは、断じて容認できない」旨を伝え、オバマ大統領との間で国連安保理を含め緊密に連携していくことを確認した。
09/06 11:53

韓国中国首脳会談終了直後に北がノドン発射

日本政府は5日、北朝鮮が12時13分頃、西岸の黄州(ファンジュ)付近から、3発の弾道ミサイルを東北東方向に発射し、弾道ミサイルは、いずれも約1000キロメートル飛翔して、日本海上の我が国の排他的経済水域(EEZ)内に落下したと推定されると発表した。
09/06 11:50

北朝鮮が弾道ミサイル3発を発射 続く挑発行為

菅義偉官房長官は5日午後の記者会見で「北朝鮮が12時13分頃、西岸の黄州(ファンジュ)付近から、3発の弾道ミサイルを東北東方向に発射し、弾道ミサイルは、いずれも約1000キロメートル飛翔して、日本海上の我が国の排他的経済水域(EEZ)内に落下したと推定される」と発表した。
09/06 11:43

地域振興などで日韓内政関係者セミナー始まる

総務省は5日、韓国政府行政自治部の金聖烈(キム・ソンリョル)次官らを招聘し、同日から日韓内政関係者セミナーを開くと発表した。
09/05 10:59

日韓内政関係者セミナー 5年ぶりに開催

日韓内政関係者セミナーが2011年以来、5年ぶりに総務省で開かれる。
09/04 23:12

最も大事な隣人 長嶺駐韓国・日本大使あいさつ

駐韓国・日本国特命全権大使に8月25日着任した長嶺安政氏は韓国国民に対し「これからのソウルでの生活を大変楽しみにしております」とのメッセージを3日までに発信した。
09/04 17:21

北朝鮮の脅威、数分の射程にある我々には死活問題―韓国・朴槿恵大統領

北朝鮮が8月24日早朝に潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射し、約500キロ飛翔後、日本の防空識別圏80キロ内側に着弾した問題で、安倍晋三総理は日露首脳会談で「新たな脅威」との認識を示し、プーチン大統領が6者協議(ロシア・中国・北朝鮮・米国・韓国・日本の6者による協議)再開を提示したことに、協議に『実効』を強く求めたが、3日、ウラジオストクで持たれた韓国・朴槿恵(パク・クネ)大統領とプーチン大統領との会談後の会見で、朴大統領は「北の核とミサイルの脅威は、わずか数分の射程にある我々にとって死活問題である」とより緊迫した状況下に置かれていることを強調した。
09/04 17:19

前へ戻る   12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  次へ進む