1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > しごと
  5.  > 弁護士(1)

弁護士のニュース一覧

2017年、漫画家の佐藤秀峰氏が代表を務める著作権管理会社が、Amazonに対し電子書籍定額配信サービス「Kindle Unlimited」にて佐藤氏の著作の一方的な配信停止が行われたとして訴訟を起こしていたが(過去記事)、これに対し東京地裁が請求を棄却した。 03/31 18:49

東京地検の斎藤隆博次席検事は1月30日の定例会見で、「ゴーン被告が逃亡幇助の嫌疑ある人物と弁護士事務所で面談した記録があるから、事務所で逃亡の協議を行った疑いがある」との見方を表明した。 03/27 13:28

「不愉快だ。どう落とし前をつけようか考え中」とは、カルロス・ゴーン被告(ゴーン被告)の弁護を担当していた、自称”無罪請負人”弘中惇一郎弁護士が記者の質問に答えた言葉だ。 03/19 11:46

米国の法執行機関が、犯罪捜査のためGoogleに対し利用者の位置情報を要求するケースが増えていることはすでに報じられている。 03/11 18:14

有志が収集したAppleの広告コンテンツをThe Apple ArchiveというApple非公認のサイトで公開したところ、700通以上の削除申請がAppleの弁護士から送られてきたそうだ。 01/30 18:03

弁護士ドットコム、注力するクラウドサインが急拡大 契約送信件数は前年同期比約2倍の31万件超

内田陽介氏:弁護士ドットコムの内田です。 01/28 16:07

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告は日本時間の1月8日夜、逃亡先のレバノン・ベイルートでプレゼンのような記者懇談会を開催した。 01/26 16:29

日産自動車前会長でレバノンに逃亡したカルロス・ゴーン被告の逃亡責任はどうなっているのだろう。 01/25 20:37

かつての米国の著作権法では、保護対象となっていたのは歌詞とメロディだけだった。 01/17 08:36

時代に呼応したビジネスは、成長の糊代が広い。 01/17 07:52

(c) 123rf

カルロス・ゴーンが批判する数々の日本の司法制度に関することの中で「問題あり」と思わせるのは、やはり保釈審査の基準だ。 01/11 08:26

レバノンに逃れたカルロス・ゴーン元日産自動車会長を日産の弁護士が訪ねたが、面会を断られたと言う。 01/05 20:37

保釈保証金の15億円だが、カルロス・ゴーン元会長クラスの経済人ではこの程度は問題としない金額である。 01/04 12:02

「私はレバノンにいる・・・」カルロス・ゴーン元日産会長のメッセージである。 01/03 17:51

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • ローマン宇宙望遠鏡のイメージ。(c) NASA
  • (画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 木星のガリレオ衛星と地球の大きさの比較。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告